大事故!?クレジットカードが利用停止の場合、ETCカードは使える?

公開日: : 高速道路

大事故!?クレジットカードが利用停止の場合、ETCカードは使える?
ETCカードは、クレジットカードの付帯サービスの一つ。クレジットカードを解約すれば、同時にETCカードも使えなくなってしまいます。

では、支払いの遅れや利用限度額オーバーによって、クレジットカードが利用停止になった場合は、どうなってしまうのでしょうか?

ETCカードは問題なく使えるのか?それとも、クレジットカード同様利用停止で使えなくなってしまうのか?

非常に気になりますね。

そこで、今回は「クレジットカードが利用停止になっても、ETCカードは使えるのか?」ということについて紹介していきたいと思います。

クレジットカードが利用停止でもETCカードは使える?

結論から先に言ってしまうと、クレジットカードが利用停止状態になっていたとしても、ETCカードは使えます。

利用停止原因は関係ありません。延滞でも限度額オーバーでも使えます。

「なぜなのか?」

それは、ETCカード利用時には「有効期限」のチェックしかしないためです。

通常、お店でクレジットカードを使うと、そのカードが有効かどうかのチェックを必ず行います。店員さんが、カードリーダーにカードを通した時ですね。

あの一瞬で、カード会社にそのカードが利用可能かどうかの確認をします。

そして、問題がなければそのままカードが使え、延滞や限度額オーバーといった問題が生じれば、カードエラーとなり利用不可となります。

これら一連の工程を、ETCレーンを通過する数秒の間に処理する・・・

現実的に考えて、これは不可能です。

仮に、可能だとしてもカードエラーでバーが上がらないような事にでもなれば、事故の数も増加し、それこそ大問題となってしまいます。

ですから、ETCカードはクレジットカードの信用状態に関わらず、有効期限さえ切れていなければ問題なく利用することができます。

安心してお使いください。

有効期限が切れたETCカードは使えない

念押しの意味も込めて繰り返しとなりますが、有効期限が切れたETCカードは使えません。

当然、ETCレーンの開閉バーは開かず衝突してしまいます。間一髪、急ブレーキをかけたとしても、後ろから追突される危険もあります。

大事故につながる恐れがありますので、高速道路を利用する際は、必ず有効期限のチェックをするようにしてくださいね。

高速道路上の注意喚起は「有効期限の確認」のみ

高速道路上の注意喚起は「有効期限の確認」のみ
料金所やサービスエリア、パーキングエリアなどでは、「ETCカードの有効期限にお気をつけ下さい」といった、注意を呼びかける文字をよく目にします。

ですが、「クレジットカードの延滞にはご注意ください」あるいは、「クレジットカードの利用限度額にはお気をつけ下さい」といった、注意喚起は見たことがありません。

つまり、そうゆうことです。

ETCカードを利用するうえで気をつけるべき点は ”有効期限” だけ。延滞や利用限度額については、気にしなくてOKだということです。

もしも、延滞や限度額オーバーによってETCカードが使えず、開閉バーが開かないのであれば、必ずその注意喚起を促すポスターや看板が設置されているはずです。

まとめ

今回は、「クレジットカードが利用停止になっていても、ETCカードは使えるか?」ということについて紹介しました。

要点をまとめると

  • ETCカードは有効期限しかチェックしない。よって、延滞あるいは限度額オーバーでクレジットカードが利用停止状態になっていても問題なく使える。
  • 有効期限切れのETCカードは使えない。開閉バーは開かず大事故につながる危険性がある。
  • 高速道路上には「有効期限の確認」ついての注意喚起のみ。

 
となります。

ETCカードはクレジットカードとは違い、よほどのことがない限り止まったりはしません。交通事故につながる危険性あるためです。

ただ、カード停止を知っていてETCを通った場合は、明らかな違反行為です。確信犯であることがカード会社に発覚すれば、あなたの信用は著しく低下してしまいます。

最悪の場合、カードの返却を求められる可能性もあります。

ETCカードはクレジットカードが利用停止状態でも使えますが、信用問題にかかわるような行為は、やはりしないでおくのが無難だと言えるでしょうね。

以上、「大事故!?クレジットカードが利用停止の場合、ETCカードは使える?」についての紹介でした。

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

PAGE TOP ↑