クレジットカードの有効期限が更新されたら公共料金の支払いはどうなるの?再登録?それとも自動更新?

公開日: : 更新

クレジットカードの有効期限が更新されたら公共料金の支払いはどうなるの?再登録?それとも自動更新?
電気・ガス・水道といった公共料金をはじめ、携帯電話料金やプロバイダ料金、各種保険の支払いをクレジットカード払いに設定している方も多いと思います。

クレジットカードのポイントが貯まるので、非常にお得な支払方法ですよね。

ただ、クレジットカードには有効期限が設定されているので、1年~5年くらいで使えなくなってしまいます。

通常は有効期限が切れる前に新しいカードが送られてくるので、カードを利用するにあたっては何も困ることはないのですが、固定費の支払いに設定していた場合はどうなのでしょうか?

新しく届いたカードで再登録しないといけないのでしょうか?

今回は、その辺りの疑問について解説したいと思います。

カードの有効期限が更新されたら再登録?それとも自動更新?

結論から先に言うと、カードの有効期限が更新されてもこちらで手続きする必要はありません

カード会社が提供する「洗替」によって、自動的に新しいカード情報へと変更してくれます。

以下、各カード会社より抜粋

Q.公共料金のお支払いに適用しているカードが更新される際、加盟店に対して何か手続きは必要でしょうか。

A.お客様による手続きは不要です。

支払いに利用されているカードの更新により、有効期限やカード番号が変更された場合、更新された「新カード」の情報は定期的に各加盟店へ届くようになっており、自動的に引き継ぎが行われますので、お手続きは不要です。

ただし、カード番号の変更タイミングやサービス会社ごとに規定された金額を超えるご利用等の条件によっては「新カード」へ自動的に引き継がれない場合があるため、お客さまご自身から各契約会社にカード番号変更のご連絡をお願いします。

※「新カード」へ引き継ぎされなかった場合は、各加盟店よりクレジットカード以外でのお支払いや再度お支払い設定の手続きをお願いする場合があります。

JCBカードの公式サイトより

Q.有効期限が更新されたクレジットカードが届きました。公共料金・電話会社・プロバイダなどのクレジットカード払いを再度手続きする必要はありますか。

A.お客さまによるお手続きは必要ありません。※一部を除く
支払いに利用されているクレジットカードの有効期限が更新された場合は、自動的にご利用先へ引き継ぎが行われます。
※引き継ぎが行われていない場合は、お手数ですがお客さまよりご利用先にお問い合わせください。

イオンカードの公式サイトより

いずれも ”手続きは不要だ” と記載されていますね。

すべてにおいてカード情報が引き継がれるわけでない

ここで注意してほしいのは、すべての登録情報が引き継がれるわけではないということです。

「洗替」はあくまでカード会社によるサービスの一貫なので、すべての登録情報が引き継がれるということではありません。

契約会社によっては、自分でカード情報を変更しないといけない場合もあります。

では、具体的にどのような支払いが「洗替」されるのでしょうか。

それは、毎月(毎年)支払っている固定費の支払いのみが対象になります。

つまり、

  • 電気料金
  • ガス料金
  • 水道料金
  • 携帯電話料金
  • プロバイダ料金
  • 新聞購読料
  • 生命保険など各種保険料

といった支払いであれば、自動的にカード情報を引き継いでくれるということです。

逆に、洗替されないつまり自動的に引き継いでくれないケースとしては、

  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • アップルストア

といったネットショッピングの登録情報があげられます。

これらの登録情報は公共料金のように毎月支払っている固定費ではないので、サービスが止まるということはないですが、新しいカードで支払いする場合には自分で変更する必要があります。

カード会社によっては ”再登録が必要” と記載していることも

先程抜粋したJCBカードとイオンカードは、カードの有効期限が更新されても手続きは必要ないと記載されていますが、カード会社によっては手続きが必要と記載されているところもあります。

例えば、三井住友VISAカードの公式サイトを見てみると、

Q.更新カードが届きました。公共料金・通話料・インターネットなどの代金をカード払いで支払いをしていますが、何か手続きは必要ですか?

A.はい、必要です。

カードが更新されると「有効期限」が変わります。公共料金・通話料・インターネットなどの継続的なお支払いにカードをご利用いただいている場合、カード情報(会員番号・有効期限)の変更手続きがされないとご利用のサービスが停止する場合がございますのでご注意願います。

加盟店によっては自動的に新しいカード情報へ変更させていただく場合もございますが、原則、カード情報(会員番号・有効期限)の変更はお客さまご自身で各契約会社へご連絡いただく必要がございます。

お手数ですが各契約会社へお客さまより直接お問い合わせをお願いいたします。

と記載されています。

楽天カードの公式サイトでは、

Q.有効期限が更新されたカードが届きましたが、公共料金などの継続利用の手続きは別途必要ですか?

A.カードが更新されると『有効期限』が変更となります。
公共料金・通話料・インターネット等の継続的なお支払いにカードをご利用いただいている場合、お客様ご自身で各サービス登録会社へカードの有効期限変更のお手続きを行ってください。

なお、変更方法につきましては、お手数ですが、各サービス登録会社へお問合わせをお願いいたします。

【ご注意】
※ご利用先によっては自動的に新しいカード情報へ変更させていただく場合もございます。
▶自動で更新されるお支払い先

※有効期限の変更手続きがされないと、ご利用先のサービスが継続されない場合がございますので、ご注意ください。

と記載されています。

どちらも ”手続きが必要” と記載されていますね。

ただ、注意書きとしてどちらも ”自動的に新しいカード情報へ変更される場合もある” とも記載されているので、やはり「洗替」が適用されるケースはあるということですね。

ちなみに、楽天カードでは「洗替」される契約会社が紹介されているので、楽天カードをお持ちの方はご自分の支払先が該当しているのか確認してみてください。

「洗替」が適用されない場合はどうするの?

では、「洗替」が適用されない場合はどうすればいいのでしょうか。

これは、面倒くさいですが契約している会社ごとに再登録する必要があります。

再登録はネット上で手続きが完了する会社が多いですが、送られてくる書類に必要事項を記入して返送しないといけない会社もあります。

このあたりは会社によって違うので、各会社のホームページや電話で確認してみてください。

事前にカード情報を登録している支払先をまとめておくと便利

毎月の固定費は基本「洗替」してくれるとはいえ、”一部を除く” と書かれている以上絶対ではありません。

なので、ご自分がどの支払にカードを設定しているのかということは、更新前にまとめておくのがいいかと思います。

そうしておけば、万が一洗替されなかったとしても、すぐに対処することができるはずです。

更新カードが来てからだと漏れがあるかもしれませんので、事前にまとめておくようにしてくださいね。

まとめ

今回は、「クレジットカードの有効期限が更新されたら固定費の支払いに設定しているカード情報は再登録しないといけないのか?」ということについて紹介してきました。

結論は、

公共料金や電話料金、プロバイダ料金といった毎月(毎年)支払っている固定費なら、カード会社が提供する「洗替」が適用されるため再登録する必要はない。

ただし、Amazonや楽天市場といったネットショッピングのカード情報は、「洗替」されないため自身で再登録する必要がある。

 
となります。

未払いでサービスがストップしてしまう公共料金や携帯電話料金、各種保険にかんしては、手続き不要でカード情報を引き継いでくれるというのはありがたいですね。

ただ、先程も言いましたすべての支払いにおいて「洗替」が適用されるというわけではないので、やはり更新前には一度ご自分で「洗替」の有無を確認しておくのがいいかと思います。

以上、「クレジットカードの有効期限が更新されたら公共料金の支払いはどうなるの?再登録?それとも自動更新?」についての紹介でした。

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

PAGE TOP ↑