暗証番号を間違えてクレジットカードがロックした時の解除方法について

公開日: : トラブル全般

暗証番号を間違えてクレジットカードがロックした時の解除方法について
お店でクレジットカードを使おうとしたら、サインではなく暗証番号の入力をもとめられることがあります。

普段メインで使っているカードであれば問題もないでしょうが、あまり利用していないカードの場合、「あれ?暗証番号は何番だったかな・・・」よくあることだと思います。

「とりあえず思いつく番号を入力してみるか」ということで、何度か試していると、見事にロックがかかってカードが使えなくなってしまった。そんな経験をされた方も多いのではないかと思います。

そんな時には、一体どうすれば良いのでしょうか?今回はその辺りのことについていろいろと紹介していきたいと思います。

まずは、クレジットカードがロックされてしまった場合には、どのように対処をすれば良いのか?ということについてから見ていきたいと思います。

クレジットカードがロックされた時の対処法とは?

クレジットカードがロックされた時は、「カード会社に電話をして、解除手続きをしてもらう」対処法としてはこれしかありません。

「えっ!自分でロック解除できないの?」当然そう思う方もいらっしゃるかとは思いますが、残念ながら自分で解除することはできません。これは、セキュリティ上どうすることもできないことなんです。

仮に、自分でロック解除ができるようであれば、カードを盗まれた時に大変です。第三者にロック解除されてしまい、悪用され放題となってしまいます。

そういったことを防止するために、自分ではロック解除ができないようになっています。少々面倒くさいですが、ロックがかかった際にはカード会社に連絡して「カードがロックされた」と伝えてください。

連絡した後のカード会社の対応は?

連絡したあとの対応は、カード会社によって異なります。

暗証番号が一度リセットされて新しいものに変わる場合や、カードの作り直しいわゆる再発行となる場合もあります。ただ、どちらにせよ、その場ですぐにカードが使えるようになるということはありません。

こちらもセキュリティ上、電話口で暗証番号が伝えられることはなく、後日登録してある自宅宛に新しいカード情報や再発行されたカードが届けられます。

少なくとも数日から数週間はかかると思っていた方が良いかと思います。不便だなとは思いますが、安全のためには仕方のないことですね。

暗証番号は何回までなら間違えても大丈夫?

暗証番号を数回間違えたら、カードにロックがかかってしまうのはわかったけど、具体的に何回間違ったらロックがかかるのでしょうか?

どこのカード会社のホームページを見ても、「暗証番号を当社規定回数以上間違えて入力すると、クレジットカードのご利用ができなくなりますのでご注意ください。」とは書かれていても、具体的な回数を明記しているところはありません。

実は、これもセキュリティ対策の一環として公開していないようです。ただ、公開はしていないものの、巷では「3回連続で間違えたらロックがかかる」と言われています。

カード会社が公開していない以上、推測の域を出ませんが、多くの場合3回で合っているのではないかと思います。

ですから、2回目までの間違いはおそらく大丈夫だとは思いますが、3回目の番号を入力する際には慎重に行うようにしてください。

クレジットカードによっては、残り回数があと一回になった時に、PINパッド(暗証番号を入力する機器)に表示されることもあるようです。

なお、ロックがかかる前に、正しい暗証番号を入力することができた場合は、それまでの誤入力累積回数はリセットされます。

お店で暗証番号がわからなかった時の対処法とは?

では、実際にお店で暗証番号を忘れてしまった時には、一体どうすれば良いのでしょうか?

対処法としては、「別のカードで支払いをする」や「現金での支払いにする」などが考えられますが、もっとも良い方法は、「暗証番号の入力からサインへ変更してもらう」ことです。

「そんなこと出来るの?」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、たとえ店員さんから暗証番号の入力をもとめられたとしても、「サインでお願いします。」と言えば、すぐにサインに切り替えてくれます。少なくとも私は一度も拒否されたことはありません。

ただ、イギリスやフランスなどの海外では、暗証番号がわからなければ利用できないケースが多いようですので、海外に行かれる際には注意してください。

まとめ

暗証番号がロックされてしまうと、再びカードが使えるようになるまでにはそれなりの日数や手間が必要になってきます。

海外旅行や大きな買い物をする時に「使えない」では目も当てられませんので、4桁の暗証番号は出来る限り忘れないようにしておいてくださいね。

とは言え、暗証番号をメモして財布の中に入れておくのはダメですよ。万が一、財布ごと盗まれた場合には大変なことになってしまいますので・・・

なお、暗証番号がどうしても思い出せない場合は、ロックがかかる前に、カード会社に連絡をして、新しい暗証番号を発行してもらってください。

やり方については「クレジットカードの暗証番号を忘れた場合の確認方法と変更する方法」で詳しく紹介していますので参考にしてみてください。

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

PAGE TOP ↑