無職の方がクレジットカードを作る効果的な方法とは?

公開日: : 審査・解約・更新

無職の方がクレジットカードを作る効果的な方法とは?
クレジットカードを申し込む際には職業を記入する欄があります。今現在、職に就いていないという方は、そこに”無職”と記入することになるわけですが、はたしてそれでカード会社の審査には通過することができるのでしょうか?

結論を言ってしまうと、職業を記入する欄に、無職と記入した場合には、高い確率で審査に落とされてしまいます。

なぜなら、カード会社が審査を行う上で、もっとも重要視しているのが「安定した収入があるのか」ということだからです。

カード会社は、クレジットカードを利用した方の代金を、一時的とはいえ”立て替えて”支払いをしているわけですから、安定した収入のない無職の方というのは、返済が滞る可能性が高いとみなされ、どうしても審査では不利になってしまいます。

「私には貯金があるから、返済が滞ることはない!」という方もいらっしゃるかとは思いますが、いくら貯金があったとしてもそれは”安定した収入”ではありませんので、カードの審査では落ちてしまいます。

ただ、”無職”と一口に言っても、いろいろとありますので、「無職=審査に落ちる」ということではありません。無職であったとしても、クレジットカードを持てるケースというのもあります。

無職でもクレジットカードが持てるケースとは?

無職でもクレジットカードが持てるケースとしては次の4つがあります。

1.専業主婦の方
2.学生の方
3.親と同居している方
4.年金受給者の方

1.専業主婦の方

専業主婦の方というのは、本人に収入がなくとも配偶者である旦那さんに収入があるわけですから、カード会社も安心してカードを発行することができます。

専業主婦だと収入がないからクレジットカードは作れないと思っている方も多いようですが、配偶者に安定した収入さえあれば、問題なくカード審査に通過することができますので、収入がないからダメだと諦めていた方は、ぜひ申し込みをしてみてください。

カード会社としても、家庭の家計を担っている主婦の方にこそ、カードをたくさん使ってほしいと思っているくらいですからね。

ただし、専業主婦の方がカードの申し込みをした場合の審査対象は、奥さんではなく旦那さんの方になりますので、旦那さんの信用情報が延滞などにより著しく悪い場合には、審査に落ちてしまうこともあります。

2.学生の方

学生の方の場合は、親に養ってもらっているということになりますので、収入に関しての審査はそれほど厳しくはありません。

たとえ、収入を記入する欄に”0”と記入したとしても、審査にはそれほど影響はないとされています。

学生の方が審査に落ちてしまうケースとしては、過去に携帯料金の支払いを延滞したことがある場合や、親権者の信用情報が悪い場合などがあります。

ちなみに、学生の方に発行されるカードというのは、一般的なクレジットカードとは違い、「学生カード」と呼ばれる、在学時だけ持つことができるカードになります。

3.親と同居している方

親と同居している無職の方は、親が持っているクレジットカードで「家族カード」を作ることができます。

本会員であるご家族のカード利用状況が極端に悪いということもなければ、本人に収入がなくても”ほぼ100%”審査に通ります。

ただし、家族カードを使って買い物した際の請求は、自分宛てではなくすべて親にいきますので、カードを使って何を買ったかということが全部ばれてしまいます。

それでも構わないという方にとっては、もっとも簡単で確実な方法ではないでしょうか。

家族カードについては「クレジットカードの家族カードとは?発行する際の10つの疑問点」で詳しく紹介していますので参考にしてください。

4.年金受給者の方

年金を受け取っている高齢者の方は無職の方が多いかと思いますが、受け取っている年金は、すべて「安定した収入」として見なされますので、問題なくカードの審査に通過することができます。

ただし、支給されている年金額が少ない方は、審査に落ちてしまうこともあります。

4つのケースいずれにも該当しない場合は、クレジットカードは持てないの?

「専業主婦」、「学生」、「親と同居」、「年金受給者」いずれのケースにも該当しないという方もたくさんいらっしゃるかと思います。そういった方は、クレジットカードを持つことはできないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。」上記4つに該当しない無職の方でも、クレジットカードを持つことは可能です。

その方法についてはいくつかありますが、私がおすすめするのは「派遣会社に登録する」という方法です。

派遣会社に登録するのはなぜ?

なぜ、派遣会社に登録するのかといいますと、派遣会社に登録をすれば、職業を無職から「派遣社員」にすることができるからです。この違いはかなり大きいです。

職業を無職とした場合には、カード会社に信用を与えることができないので、即審査落ちするということもめずらしくありませんが、派遣社員になれば、正社員とまではいきませんが、それなりに信用を与えることができますので、少なくとも申し込んだ後、即審査落ちするということはなくなります。

つまり、職業を派遣社員にすることで、審査におけるスタートラインに立つことができるようになるということです。

「けど、今は派遣社員として働くつもりはない」という方ももちろんいらっしゃるかと思いますが、その点については安心して下さい。この方法は派遣会社に登録することが目的ですので、実際に働かなくても大丈夫です。

ただ、派遣会社に登録するためには、「派遣登録会」に行って登録手続きをしなければなりませんので、少々面倒くさいところはあります。

ですが、一度登録さえしてしまえば、今後は無職ではなく”派遣社員”として名乗ることができますので、”自分名義”のクレジットカードを持ちたいという方にとっては、非常におすすめな方法になります。

なお、登録会に行った際には簡単な面接やテストがある場合もありますが、それで落ちてしまうということはありませんので安心してください。

自営業者と名乗る方法もある?

アフィリエイトやネットオークション、FXや株などをやっているという方は、職業を”自営業”とすることができます。

これにより、無職ではなくなりますので、カードの審査に通過する可能性はあります。ただし、それはあくまで、開業届を出して、なおかつそれで生計をたてている場合に限った話になります。

「私も少しネットオークションをやっているから自営業者と名乗っておこう」というのは、危険な行為と言えます。

その人が本当に自営業者なのかを調べるかどうかは、カード会社次第になりますが、仮に調べた場合には100%ではありませんが、かなりの確率でバレてしまいます。

そうなった時に、審査で落とされるだけならまだいいですが、「この人は信用できない」と判断された場合には、今後そのカード会社が発行する、すべてのカードの審査に通らなくなってしまう危険性もあります。

カード会社は利用者の”信用”を担保にお金お貸しているわけですから、その信用を裏切るような行為は、極力控えたほうが無難かもしれません。

もちろん、適当に自営業者と名乗って審査に受かったという方もいらっしゃるかもしれませんが、あえて危険をおかすよりも、安全な「派遣会社に登録する」方法を選択されたほうが、後々後悔することもないのではないでしょうか。

クレジットカード選びも重要!

職業を無職から派遣社員にしたとは言え、正社員と比べたらやはり審査に通る確率は下がってしまいます。そのため、申し込みをするクレジットカード選びも重要なポイントになってきます。

カードを選ぶ際には、三井住友VISAカードや三菱東京UFJ-VISAといったいわゆる銀行系のカードではなく、比較的に審査が甘いとされている流通系のカードを選択したほうが審査に通る確率は高いかと思います。

おすすめのクレジットカードは何?

一般的に審査が甘いと言われているクレジットカードはたくさんありますが、中でもおすすめなのは次の3つです。

楽天カード

楽天カード
楽天カード
イチ押し

利用金額100円ごとに1ポイントの「楽天スーパーポイント」が貯まる!還元率=1.0%

楽天市場をはじめとする楽天グループでの利用はいつでもポイントが2倍!(100円=2ポイント)還元率=2.0%
年会費家族カード
(年会費)
ETCカード
(年会費)
旅行傷害保険ショッピング保険
海外国内
無料無料500円(税抜)
お申込み・公式サイト

イオンカード(WAON一体型)

イオンカード(WAON一体型)
イオンカード(WAON一体型)を徹底解析!イオンとミニストップをお得に利用
イチ押し

毎月5日・15日・25日にミニストップでイオンカード(WAON一体型)を利用すれば、200円につき2ポイントの「ときめきポイント」が貯まる!(WAON利用時はWAONポイントが2倍)
還元率=1.0%
年会費家族カードETCカード旅行傷害保険ショッピング保険
海外国内
無料無料無料
お申込み
公式サイト


JMBローソンPontaカードVisa

JMBローソンPontaカードVisa
JMBローソンPontaカードVisaを徹底解析!ローソンをお得に利用
イチ押し

ローソンでJMBローソンPontaカードVisaを利用すれば、100円(税抜)につき2ポイントの「Pontaポイント」が貯まる!
還元率=2.0%
年会費家族カードETCカード旅行傷害保険ショッピング保険
海外国内
無料無料
お申込み
公式サイト

最後に

いくら審査に甘いカードとはいえ、必ずしも通るというわけではありません。

何度申し込みをしても審査に落ちてしまうという方は、間違った申し込み方をしている可能性もありますので、一度その辺りを確認してみることをおすすめします。

何を確認したら良いのかよくわからないという方は、「クレジットカードが作れない!審査に落ちてしまう7つの原因と理由とは?」で紹介していますので参考にしてみてください。

なお、いろいろ試したけどやっぱり審査に通らないという方は、「Visaデビットカード」を持つというのもありだと思います。

Visaデビットカードなら”原則、審査はありません”ので、無職の方でも簡単に持つことができます。

Visaデビットカードは、クレジットカードではありませんが”Visaカード”ですので、日本国内はもちろんのこと世界中のVisa加盟店で、クレジットカードと同じように利用することができます。もちろん、ネットショップにも対応していますので、ネットでよく買い物をするという方にもおすすめのカードになります。

さらに、使った分は自分の口座からの「即時決済」となりますので、使いすぎの心配もありません。収入のない無職の時というのは、クレジットカードよりもVisaデビットカードの方が、案外重宝するのかもしれませんね。

ちなみに、私がおすすめする「Visaデビットカード」は以下の2つです。

JNB Visaデビット

JNB Visaデビット
JNB Visaデビットを徹底解析!Visaデビットカード
イチ押し
  • オンラインショップ「キャッシュバックモール」を経由して100円以上の買い物をすれば、いつでも1%がキャッシュバックされる!(還元率1.0%)
  • Tポイントを現金と交換できる!

銀行名年会費家族カードショッピング保険海外ATM手数料
ジャパンネット銀行永久無料無料
お申込み・公式サイト

三菱東京UFJ-VISAデビット

三菱東京UFJ-VISAデビット
三菱東京UFJ-VISAデビットを徹底解析!Visaデビットカード
イチ押し
  • 先月の利用金額に応じて毎月25日に0.2%~0.4%が自動でキャッシュバックされる!
  • 入会後3ヶ月間は基本キャッシュバック率が2倍(0.2%×2=0.4%)の、最大0.5%キャッシュバック!

銀行名年会費家族カードショッピング保険海外ATM手数料
三菱東京UFJ銀行1,000円(税抜)
無料条件あり
100円(税抜)
お申込み・公式サイト

 
その他のVisaデビットカードについては、「Visaデビットカードの特徴を徹底比較!最適な一枚が見つかる!」でも紹介していますので興味のある方は読んでみてください。

以上、「無職の方がクレジットカードを作る効果的な方法」についての紹介でした。

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

PAGE TOP ↑