クレジットカードを紛失した場合や盗難にあった場合の対処法は?

公開日: : 最終更新日:2016年07月06日 トラブル全般

クレジットカードを紛失した場合や盗難にあった場合の対処法は?
どこを探してもクレジットカードが見つからない時は、かなりあせってしまいます。他のことに気が回らなくなるほどにあせります。

「もしかして盗まれたとか?」いろいろと考えるかと思いますが、どうしてもカードが見つからない時は、一体どのような対処法を取ればいいのでしょうか?

今回は、クレジットカードが紛失や盗難にあった場合の対処法についてまとめてみました。

クレジットカードの紛失や盗難に気づいた場合の対処法は?

国内の場合

クレジットカードを紛失したり、盗難の被害にあった場合には、すぐに各カード会社が設置してある『カード紛失・盗難受付デスク』に連絡をして、クレジットカードを利用停止にしてもらいます。

カード会社への連絡が遅くなればそれだけ不正利用される可能性も高くなってしまいますので、気づいた時点ですぐに連絡をすることがとても大切です。

受付時間はどこのカード会社も基本「24時間、年中無休」となっていますので、すぐに連絡ができるよう携帯電話や手帳などに、カード会社の連絡先を控えておく事をおすすめします。

また、カード会社に連絡をした際に指示があるとは思いますが、カードの紛失や盗難の際にはカード会社に連絡をするとともに、最寄りの警察署や交番へ「紛失・盗難届け」を出す必要があります。

海外の場合

海外でクレジットカードを紛失したり、盗難の被害にあった場合も、国内と同じように『カード紛失・盗難受付デスク』に連絡をして、クレジットカードを利用停止にしてもらいます。

ただし、海外から連絡をする際には国ごとに電話番号が異なりますので、事前にカード会社のサイトなどで確認しておく必要があります。

こちらの場合も受付時間は、基本「24時間、年中無休」となります。

クレジットカードを利用停止にした後にするべきことは?

クレジットカードを利用停止にした後はカードの再発行をしますが、その際カードの番号も変更となります。

そのため、公共料金などの引き落としをカード払いに設定している場合は、あらためて支払いをしている会社に変更の申し込みをする必要があります。

これまでに貯めたポイントについては、移行手続きをすることで再発行したカードへそのまま引き継ぐことができます。

万が一、紛失や盗難にあったカードが不正利用された場合には、請求書やカードの裏面に記載されているコールセンターへ連絡をし『盗難保険』の手続きをしてください。

盗難保険が適用されれば不正に使用された損害は、カード会社が全額補償してくれます。

不正利用や盗難保険については下記を参考にしてください。

クレジットカードが不正利用される6つの手口と防止方法とは?クレジットカードが不正利用される6つの手口と防止方法とは?
昨今、私たちが気付かないうちにカードの偽造や盗難の被害にあったり、カード番号などの情報が不正に詐取され、インターネット上で悪用されるなど、カード犯罪に巻き込まれてしまう被害が多発しています。このような不...

クレジットカードを再発行する際には審査はある?

クレジットカードを再発行するにあたっては、ほとんどのカード会社が審査を設けています。

ただ、審査といっても新規にカードを発行した時のような厳しいものではなく、これまでの利用状況や返済状況を確認する程度の簡易的なものとなっています。

頻繁にカードを延滞しているなどのひどい使い方をしていなければ、すぐにカードを発行してくれます。

紛失や盗難にあったカードが見つかった場合は?

クレジットカードの再発行手続きをした後に、紛失や盗難にあったカードを発見した場合でも、すでにそのカードは使用できなくなっていますので注意してください。

間違えて使用しないためにも、ハサミなどでカットして処分されることをおすすめします。

カードを安全に処分する方法については下記でも紹介していますので参考にしてください。

不要なクレジットカードを安全に処分する5つの方法とは?不要なクレジットカードを安全に処分する5つの方法
クレジットカードの不正利用の被害が多発している昨今、カードの取り扱いには十分注意が必要となります。それは有効期限切れの古いカードなどを処分する際にも言えることです。不要なカードを適当に捨てるのは非常に危...

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

PAGE TOP ↑