人気4大牛丼屋チェーンで使えるスマホ決済を徹底比較!【2019年度】コード払いだからおサイフケータイ不要

公開日: : 牛丼チェーン

人気4大牛丼屋チェーンで使えるスマホ決済を徹底比較!【2019年度】コード払いだからおサイフケータイ不要
政府によるキャッシュレス化の推進によって「バーコード決済」「QR決済」と呼ばれるスマホ決済が利用できる店舗も増えてきましたが、吉野家やすき家といった牛丼屋でも利用することができるのでしょうか。

そこで今回は、全国に店舗を構える人気4大牛丼屋チェーンで使えるスマホ決済について紹介したいと思います。

現金や電子マネー決済ではなくスマホ決済での利用をお考えの方は、ぜひご覧になってみてください。

なお、牛丼屋チェーンで使える「クレジットカード」あるいは「電子マネー」については、下記で紹介しています。

ちょっとした空き時間に手早く食べれる牛丼屋ですが、クレジットカード払いには対応しているのでしょうか。そこで今回は、人気牛丼屋チェーンにおけるクレジットカード払いの可否について紹介したいと思います。現金払...

「吉野家やすき家では、どんな種類の電子マネーが使えるの?」今回は全国に店舗を構える人気4大牛丼屋チェーンで使える電子マネーについて紹介したいと思います。現金ではなく電子マネーでの支払いを考えている方は、ぜ...

牛丼屋チェーン店で使えるスマホ決済まとめ

今回ご紹介する牛丼屋チェーン店は以下の4つ。

吉野家

吉野家

利用可能なバーコード決済・QR決済
スマホ決済KFC

Origami Pay

 
吉野家では2018年12月3日(月)より「Origami Pay」が利用可能となっています。

基本的には全店舗で利用可能ですが、競馬場や競艇場など一部店舗で利用できないケースもありますのでその点はご注意ください。

利用方法は店舗スタッフに「Origami Pay」で支払いする旨を伝え、アプリから提示したバーコードを読み取ってもらえばOKです。

もちろん持ち帰りの際にも利用できますよ。

また、コード払いは利用不可ですが、電子マネー「iD」決済を利用すればメルペイで決済することもできます。

メルペイで支払いたいという方は、コード払いではなくメルペイ(iD払い)を利用するようにしましょう。

ちなみに、吉野家ではスマホ決済以外に、iDや楽天Edyといった電子マネー決済にも対応していますよ。(クレジットカードは利用不可)

「Origami Pay」で支払えばいつでも2%OFF

吉野家では「Origami Pay」を使って支払うことで、いつでも2%OFFで会計することができます。

牛丼一杯あたりの価格が安いので恩恵が少ないと感じる方もいらっしゃいますが、塵も積もれば何とやら頻繁に吉野家に行くのであれば積極的に利用したいところですね。

他にも吉野家にはハウス電子マネーの「吉野家プリカ」が無料発行されていますが、こちらはチャージ金額の2.0%分がボーナスチャージとして付与されるシステムです。

お得度としてはどちらも2.0%なので同じですが、店舗での現金チャージしか対応していないことと吉野家でしか使えない「吉野家プリカ」と比べると、いろんなお店で使える「Origami Pay」の方が使いやすさでは優位性があると言えますね。

ただ、公式サイトに「2%OFFの割引は、変更、終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。」という一文が記載されていますので、スマホ決済が浸透してきたタイミングで終了になる可能性はあるかもしれませんね。

とは言え現状では「Origami Pay」が吉野家では一番おすすめな支払い方法と言えますので、吉野家を利用される際は「Origami Pay」を積極的に利用してみてくださいね。

あと、忘れてはならないのが吉野家はTポイント加盟店になりますので、会計前にTカードを提示すれば200円(税込)につき1ポイントの「Tポイント」を貯めることができます。

Tカードを提示して「Origami Pay」で支払えば、Wでお得ですね。Tカードをお持ちの方は忘れず提示しておきましょう。

すき家

すき家

利用可能なバーコード決済・QR決済
スマホ決済

Alipay / WeChatPay

 
すき家ではPayPayや楽天ペイといった国内のコード払いには対応していませんが、中国の「Alipay / WeChatPay」の2つのスマホ決済は利用可能となっています。

ただ、こちらも吉野家同様、電子マネー「iD」決済を利用すればメルペイでの決済が可能となります。

他のキャッシュレス決済については、電子マネーはもちろん4大牛丼屋チェーンで唯一クレジットカード払いにも対応しています。

松屋

松屋

利用可能なバーコード決済・QR決済
スマホ決済

LINE Pay / PayPay / メルペイ / 楽天ペイ / Origami Pay / d払い / ゆうちょPay / Alipay / WeChatPay

 
松屋では4大牛丼屋チェーンの中で最多となる「LINE Pay / PayPay / メルペイ / 楽天ペイ / Origami Pay / d払い / ゆうちょPay / Alipay / WeChatPay」の計9つのスマホ決済が利用可能となっています。

利用方法は券売機で商品ボタンを押した後に、QRコード決済を選択あるいはボタンを押し、スマホに表示させたQRコードを券売機にかざせば支払い完了です。

自動でQRコード決済の種類を判別してくれますので、こちらで利用するスマホ決済を選択する必要はありませんよ。

なお、松屋ではQRコードリーダー設置の券売機でスマホ決済が利用できるので、券売機が未設置の店舗や松弁ネットおよび電話予約弁当ではスマホ決済が利用できないのでその点はご注意くだい。

他のキャッシュレス決済については、Suicaをはじめとする交通系電子マネーが利用可能となっています。クレジットカード払いについては吉野家同様、利用不可です。

なか卯

なか卯

利用可能なバーコード決済・QR決済
スマホ決済は利用できない

 
なか卯ではPayPayや楽天ペイといった国内およびAlipayやWeChatPayといった中国のコード払いは、全店舗で利用不可となっています。

他のキャッシュレス決済(電子マネー・クレジットカード)についても、基本利用することはできません。

なか卯は4大牛丼屋チェーンの中で唯一 ”現金払い” のみとなっていますね。

牛丼屋ごとに使えるスマホ決済の一覧表

牛丼屋ごとに使えるスマホ決済の一覧表を作っておきますので、早見表としてご活用ください。

LINE PayPayPayメルペイ楽天ペイOrigami Pay
吉野家××××
すき家×××××
松屋
なか卯×××××

 
d払いauPAYNAVER PayAlipayWeChatPay
吉野家×××××
すき家×××
松屋××
なか卯×××××

 
QUOカードPayFamiPayゆうちょPay
吉野家×××
すき家×××
松屋××
なか卯×××

 

まとめ

今回は全国に店舗を構える人気4大牛丼屋チェーンで使えるスマホ決済について紹介してきました。

なか卯を除く「吉野家・すき家・松屋」ではスマホ決済に対応していますが、その中でも群を抜いて松屋が充実していますね。

また、なか卯以外の3店舗についてはスマホ決済以外に電子マネーでの支払いにも対応しています。

吉野家に限り「Origami Pay」での支払いを推奨しますが、それ以外の2店舗にかんしては正解はありませんので、ご自分のライフスタイルに合った支払い方法を選んでみてくださいね。

以上、「人気4大牛丼屋チェーンで使えるスマホ決済を徹底比較!【2019年度】コード払いだからおサイフケータイ不要」についての紹介でした。

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

PAGE TOP ↑