還元率2.0%!ファミリマートでお得なファミマTカードの特徴を徹底解析!

公開日: : 最終更新日:2019年08月07日 コンビニ

ファミマTカード
ファミマTカード
国際ブランド
JCB
イチ押し度
おすすめポイント

  • 利用金額200円(税込)につき1ポイントの「Tポイント」が貯まる
  • ファミリマートでの買い物はいつでもポイント4倍(還元率2.0%)
  • 年会費は永久無料
  • Tポイントの有効期限は実質無期限
  • ファミリーマートで対象商品を購入すればキャンペーンポイントが貯まる(カード提示でもOK)
  • スマホ決済「FamiPay」へのクレジットチャージで0.5%分の「FamiPayボーナス」が貯まる
  • TSUTAYAレンタル登録料が無料
  • 人気の旅行ツアー料金が最大8%割引
  • レンタカーの基本料金が最大15%割引

 
今回はファミリマートでの買い物が圧倒的にお得になる「ファミマTカード」についての紹介です。

コンビニはもっぱらファミリマートだ!という方は、ぜひご覧になってみてくださいね。

ファミリマートでの利用はいつでも還元率2.0%

Tポイント4倍
ファミマTカードを使ってファミリマートで支払いをすれば、いつでも利用金額200円(税込)につき4ポイントの「Tポイント」を貯めることができます。

還元率は2.0%。圧倒的なお得度ですね。

例えば、ファミリマートで10,000円分の買い物をした場合、還元率1.0%のクレジットカードでは100ポイントですが、還元率2.0%だとその倍の200ポイントも貯めることができます。

単発で見ればたいした差にはならないかもしれませんが、1ヶ月あるいは1年間と長いスパーンで見れば、その差は無視できないものとなりますね。

ただし、以下の商品については還元率2.0%にはならないのでご注意ください。

  • たばこ
  • Famiポート取扱商品・サービス
  • 切手・はがき・印紙類
  • チケット類
  • POSAカード・プリペイドカード各種
  • 公共料金など各種代金の支払い
  • toto

ポイントの内訳は「ショッピングポイント」「クレジットポイント」「特別ポイント」の3つ

ファミリマートにおけるファミマTカードの還元率は2.0%ですが、そのポイントの内訳が少々分かりづらい仕様となっています。

ファミマTカードを使ってファミリマートで貯まるポイントは、次の3つから成り立っています。

  1. ショッピングポイント
  2. クレジットポイント
  3. 特別ポイント

 
例えば、ファミリマートでファミマTカードを使って1,000円分の買い物をしたとします。

貯まるポイントは還元率2.0%なので20ポイントとなりますが、その内訳は

  • ショッピングポイント:5ポイント(200円(税込)につき1ポイント換算)
  • クレジットポイント:5ポイント(200円(税込)につき1ポイント換算)
  • 特別ポイント:10ポイント(200円(税込)につき2ポイント換算)

となります。

貯まるポイントはどちらも20ポイントと同じですが、内訳はかなり細分化されていますね。

また、ファミマTカードは貯まるポイントの内訳だけでなく、ポイント付与のタイミングも違っています。

「ショッピングポイント」と「クレジットポイント」はいずれも購入後3日後に付与されますが、特別ポイントだけは毎月1月から月末までの利用額を合算したものが翌月中旬に付与されます。
利用データの到着時期によっては、翌々月中旬以降になる場合もあります。

これはわかりずらいですね。しかも、特別ポイントはレシートにも表示されないようです。

なぜこのような仕様になったのかはわかりませんが、とりあえずファミリマートでは200円(税込)につき4ポイントが貯まるということだけ覚えておくといいですね。

ポイント付与のタイミングまで考えると疲れるので、とりあえずほっときましょう。

ファミリマート以外での利用は還元率0.5%

ファミマTポイント
ファミリマートでの利用は還元率2.0%という圧倒的なお得度を誇るファミマTカードですが、それ以外の利用においてはすべて200円(税込)につき1ポイントと還元率0.5%となります。

決して低い数値というわけではありませんが、よりお得度を追求するのであれば、ファミリマート以外は他の還元率1.0%以上のクレジットカードを使うようにしておきましょう。

Tポイントの有効期限は実質無期限

いくらポイントの使い道が豊富でも有効期限が設定されているとなんだか落ち着かないものですが、Tポイントの有効期限は実質無期限となっています。

一応Tポイントの有効期限は最終変動日から1年間という設定がなされていますが、その間に「貯める・使う・交換する」のいずれかを行うことで、有効期限を延長させることができます。

つまり、年1回でもTポイントを貯めたり使ったりすれば、ポイントがなくなることはないということです。

もちろん、1年間ポイントの変動がないと貯まっているポイントは全て失効するのでその点は注意してくださいね。

貯まった「Tポイント」の使い道は?

貯まった「Tポイント」は、ファミリマートやTポイント提携先で「1ポイント=1円」として買い物に使うことができます。

利用できるお店は、

【映像・音楽・書籍(新聞)】

  • TSUTAYA
  • WonderGOO
  • 蔦屋書店
  • GYAO!ストア
  • ahoo!ブックストア
  • 復刊ドットコム

旅行関連

  • Yahoo!トラベル
  • Tトラベル

【カメラ・写真】

  • カメラのキタムラ
  • スタジオマリオ(写真館)

【スポーツ】

  • パシフィックゴルフマネージメント
  • アシックス

【スーパー】

  • マルエツ
  • マミーマート
  • エーコープ近畿

【ドラッグストア】

  • ウエルシア
  • ハックドラッグ

【ホームセンター】

  • ジョイフル本田
  • メイクマン

【家電】

  • エディオン

【飲食関連】

  • ガスト
  • バーミヤン
  • ジョナサン
  • 吉野家
  • 牛角
  • ロッテリア

【ファッション】

  • 洋服の青山
  • ファミリア

【眼鏡・コンタクト】

  • 眼鏡市場
  • コンタクトのアイシティ

【車関連】

  • ENEOS
  • オートバックス

【宅配・引越・不動産】

  • ヤマト運輸
  • 賃貸住宅サービス

 
など多種多様わたっているので使い道に困ることはありませんね。

なかでもおすすめの使い道は、「ウエルシア」での利用です。

通常利用は1ポイント=1円となりますが、毎月20日に限り200ポイント以上の利用で1.5倍分の買い物ができるようになります。

ウェルシアTポイント1.5倍
「200ポイント=300円分」となるわけですから、これはお得ですね。

基本的なTポイントの使い道としては、上にあげたファミリマートやTポイント提携先での利用を推奨しますが、それ以外にも使い道は用意されています。

  • 限定グッズや生活用品と交換する(詳しくはこちら)
  • ネオモバで投資する(詳しくはこちら)
  • Yahoo!公金支払いでふるさと納税に使う(詳しくはこちら)
  • ソフトバンクの携帯電話料金や機種代金などに使う(詳しくはこちら)
  • 現金と交換する(ジャパンネット銀行の口座が必要)(詳しくはこちら)
  • ANAマイルと交換する(詳しくはこちら)

 
さすがはTポイント、様々な使い道が用意されていますね。

ちなみにこの中でのおすすめな使い道は、ふるさと納税が一番です。

通常税金をポイントで支払うことはできませんが、ふるさと納税ならTポイントを支払いに充てることができます。

もちろん1ポイント=1円換算なので損することはありませんよ。ふるさと納税を利用する際は、Tポイントを利用してみてくださいね。

年会費は永久無料

クレジットカードを作るうえで年会費の有無は必ず確認する項目のひとつですが、ファミマTカードの年会費は永久無料となっています。

年会費が無料になる条件など気にすることなく、ずっと無料で持ち続けることができますよ。

ファミマTカードだけが「FamiPay」へのクレジットチャージに対応

Famipayクレジットチャージ
ファミリーマートは2019年7月1日に独自のスマホ決済サービス「FamiPay」を開始しましたが、その「FamiPay」へのクレジットチャージに対応しているのが現状ファミマTカードだけとなっています。

もちろん「FamiPay」へのチャージ自体は現金でもできますが、ファミマTカードを使えばチャージ金額の0.5%分の「FamiPayボーナス」を貯めることができます。

どちらがお得なのかは言うまでもありませんね。

ただ、注意してほしいのは、クレジットチャージで貯まるポイントはTポイントではなく「FamiPayボーナス」という点です。

すでに「FamiPay」を利用されている方はご存知だと思いますが、「FamiPayボーナス」は「FamiPay」での支払いのみに使える専用マネーとなります。

Tポイントや他のポイントに交換することはできませんのでご注意ください。

ちなみに「FamiPayボーナス」は、「FamiPay」にチャージして1円分として買い物に使うことができます。

「FamiPay」については下記で紹介しています。

2019年7月1日より全国のファミリーマートで利用できるスマホ決済サービス「FamiPay(ファミペイ)」が開始しました。そこで今回は「FamiPay」の基礎について詳しく紹介していきたいと思います。登録方法および使い方チャ...

対象商品の購入で「キャンペーンポイント」が貯まる【Tポイントプラス】

tpointplus
ファミリーマート各店舗でファミマTカードを提示のうえ、Tポイントプラスの対象商品を購入すると、通常ポイントに加え「キャンペーンポイント」を同時に貯めることができます。

もらえるポイント数は商品によって違い、10ポイントの商品もあれば20ポイント、30ポイントの商品もあります。中には150ポイントや200ポイントももらえる商品なんてのもあります。

これらをうまく活用すれば、通常よりもはるかに効率よくポイントを貯めることが可能です。

ただ、自分が欲しい商品とTポイントプラスの対象商品がマッチすることは非常に稀なので、多くの場合は対象商品を狙って購入する必要があります。

この辺りをどう考えるかは人によって違いますが、確実にお得なのは間違いないので、悩むなら購入しておいても損はないでしょう。

なお、Tポイントプラスの対象商品については「こちら」でいつでも確認できますので、ファミリーマートをご利用の際はご活用ください。

ショップサイト「ポケットモール」を経由でポイントアップ

実店舗で商品を見てネットで購入するなんてのは今では当たり前の買い方ですが、直接ショップサイトに訪れるのではなくポケットカードが運営する「ポケットモール」を経由して買い物することで通常よりお得にポイントを貯めることができます。

この手のショッピングモールはクレジットカードではよくあるサービスですが、経由するのとしないのとではポイントの貯まり方が大きく違ってきますので、ネットショップを利用する際には必ず「ポケットモール」を経由してから購入するようにしてくださいね。

対応しているショップも楽天市場やAmazon.co.jp、Yahoo!ショッピングをはじめ300店以上もありますので大いに活用できるかと思います。(その他のショップはこちら)

TSUTAYAレンタル登録料が無料

スマホが普及してからはCDや映画をレンタルする方も減少傾向にありますが、ファミマTカードを持っていれば通常300円程度かかるTSUTAYAレンタル登録料が無料となります。
登録料は店舗によって異なります。

数百円程度のことですが、無料なのはやはりうれしいですね。

また、ファミマTカードならTSUTAYA店舗にて所定の手続きをするだけで、TSUTAYAのレンタルサービスも利用することができます。

人気の旅行ツアー料金が最大8%割引に

旅行ツアー8%割引
旅行は楽しい反面それなりのお金が必要になりますが、少しでも節約するなら「ポケットカードトラベルセンター」を利用するのがおすすめです。

やり方は旅行代理店にあるパンフレットからツアーを選んで、ポケットカードトラベルセンターに電話かWebで申し込むだけ。

あとは、ファミマTカードを使って支払うだけで旅行代金が3%~最大8%割引となります。

仮に旅費が10万円だった場合、最大で8,000円も割引になるわけですからこれはお得ですね。

しかも、会員だけでなく ”同伴者” も同じ割引率になるとのことです。

これはもう利用しない手はないですね。旅行に行く際には必ずポケットカードトラベルセンターから申し込むようにしてくださいね。

ファミマTカードを使ってレンタカーの基本料金が割引に

ファミマTカード保有者には会員限定割引として、以下のレンタカーでの基本料金が割引になる特典が用意されています。

  • タイムズカーレンタル
  • ニッポンレンタカー
  • 日産レンタカー
  • オリックスレンタカー
  • トヨタレンタリース

 
割引率は一率5%となっていますが、タイムズカーレンタルのみ破格の最大15%割引となっています。

レンタカーは旅行の際に利用される方も多いと思いますので、先に紹介した旅行ツアー割引と合わせて利用してみてくださいね。

なお、割引適用の手順は、

  1. レンタカー会社に電話またはWebで予約する
    ※電話で予約の際は「ポケットカード社発行のクレジットカード優待割引」の旨を伝える
    ※Webでの予約は、「タイムズカーレンタル」のみ
  2. 現地レンタカー会社の窓口にて、ファミマTカードで支払う

 
となります。

ただし、レンタカー会社によっては、一部地域、一部車種・車両等割引対象外となる場合もありますのでその点はご注意ください。

ファミマTカードはリボ払い専用。支払金額の変更は忘れずに

これは意外と知らない方も多いのですが、ファミマTカードは ”リボ払い専用カード” になります。

ですので、クレジットカードでは一般的な

  • 一括払い
  • 分割払い
  • ボーナス払い

といった支払方法は選べませんのでご注意ください。

となると当然「リボ払いなら手数料がかかるのでは?」という疑問が浮かんでくるかと思いますが、その点は安心してください。

あらかじめリボ払いの支払金額を「ずっと全額支払い」に設定しておくことで、毎月手数料なしで支払うことができるようになります。

Q.ずっと全額支払いとは、どんな支払い方法ですか?

A.ご利用いただいたものをご利用月の月末に締めて翌々月1日に全額お支払いただくお支払方法です。ご設定いただきますと、ショッピングのリボ払い手数料は発生いたしません。

※ずっと全額支払いへ変更前にすでに初回のお支払いをいただいているリボ払いの残高がある場合は、そのリボ残高部分に対し手数料が発生いたします。

公式サイトより抜粋

注意したいのは、「ずっと全額支払い」は自分で設定しないといけないという点です。

カード発行時のデフォルトはリボ払いの設定になっていますので、そのままだと手数料がかかってしまいます。

ですので、カードが手元に届いたらまっさきに支払い方法を「ずっと全額支払い」に設定するようしてくださいね。

一度設定すれば毎月設定する必要はありませんので、初回のみ忘れず設定すれば後はずっと一括払いで支払うことができます。

リボ払いについて

ファミマTカードは「リボ払い専用カード」となりますので、月々の支払い方法は「ミニマム・ペイメント(最少お支払金額)」方式となります。

ミニマム・ペイメントとは、利用のあった月の月末の利用残高に応じて月々の支払い額が決まるリボ払いです。毎月のミニマム・ペイメント(最少お支払金額)については下記を参照してください。

ショッピング
利用残高弁済金(最小支払い金額)
    1円 ~ 100,000円3,000円
100,001円 ~ 150,000円4,500円
150,001円 ~ 200,000円5,000円
200,001円 ~ 250,000円7,500円
以降、50,000円増すごとに最小支払い金額1,500円が加算されます。
キャッシング
利用残高弁済金(最小支払い金額)
   1円 ~ 50,000円3,000円
50,001円 ~ 100,000円4,000円
100,001円 ~ 150,000円6,000円
150,001円 ~ 200,000円8,000円
200,001円 ~ 250,000円10,000円
250,001円 ~ 400,000円12,000円
以降、100,000円増すごとに最小支払い金額3,000円が加算されます。

 
ショッピング利用の場合は、1回目の支払いまで(利用の月から翌々月1日まで)の手数料は一切かかりませんが、その翌日からは利用残高に対して18.0%(実質年率)の手数料が日割で発生します。

ただし、月々の支払い金額は、ミニマム・ペイメント(最少お支払金額)以上であれば、自身の都合に合わせて自由に決めることができますので、手数料(リボ払いの利息)を負担したくないという方は「ずっと全額支払い(1回払い)」に変更することでショッピング手数料は一切かからなくなります。

初期設定では、ミニマム・ペイメント方式での支払いとなっていますので、手数料を負担したくない方は必ず「ずっと全額支払い」への変更手続きが必要となります。

キャッシング利用の場合は、利用の当日から利用残高に対して17.95%(実質年率)の利息が日割で発生します。

ファミリマートの看板サービスは2019年7月31日をもって終了

サービス終了
ファミリマートと言えば、毎週火曜・土曜日にポイントが5倍になる「カードの日」やファミリーマートでの1ヶ月間の買い物金額に応じて、翌月のショッピングポイントが最大3倍になる「ファミランク」などが有名でしたが、いずれのサービスも2019年7月30日ないし31日をもって終了となりました。

また、その他のサービス

  • レディースデー
  • クレジット払いポイント3倍
  • 25歳以下ポイント2倍

 
についても、同様に2019年7月31日をもって終了となりました。

今回実施された大幅なサービス変更は、2019年7月1日からサービスを開始した独自スマホ決済「FamiPay」に合わせて、ファミマTカードのサービスを整理した形となっていますが、その分いつでも還元率2.0%で買い物できるというわかりやすい仕様になっています。

ファミリーマートにおける還元率は以前より劣っていますが、曜日や購入金額を気にする必要がないというのはうれしいですね。

まとめ

今回はファミリーマートでの買い物が圧倒的にお得になる「ファミマTカード」について紹介してきました。

正直、ファミリーマートを利用しない方にとってはほとんどメリットの感じないカードですが、普段から利用している方にとっては持っていないと確実に損をするカードと言えます。

2019年7月31日に実施された大幅なサービス変更によって「カードの日」や「ファミランク」などはなくなりましたが、その分いつでも還元率2.0%で買い物できるというわかりやすい仕様になっています。

マックス還元率は確かに以前に比べ劣りますが、曜日を気にせず好きなときに買い物できるというのは個人的にはうれしいサービス変更と言えます。

独自スマホ決済「FamiPay」も開始されまたしたので、ファミマTカードとうまく併用してお得にファミリーマートを利用してみてくださいね。

以上、「還元率2.0%!ファミリマートでお得なファミマTカードの特徴を徹底解析!」についての紹介でした。

ファミマTカードの基本情報

カード名称ファミマTカード
国際ブランドJCB
年会費初年度無料
2年目以降無料
家族カード初年度
2年目以降
ETCカード年会費無料
発行手数料無料
申込資格18歳以上(高校生除く)の方
利用可能枠カード発行時に通知
支払い支払方法リボ払い
締め日毎月末日
支払日翌々月1日
ポイントプログラム名Tポイント
換算率200円(税込) =1ポイント
手数料分割払い
リボ払い18.00%(実質年率)
キャッシング14.95%~17.95%(実質年率)
発行元会社名ポケットカード株式会社
所在地東京都港区芝1丁目5番9号住友不動産芝ビル2号館

 

海外旅行保険

利用条件
(傷害)死亡後遺障害
傷害治療費用
疾病治療費用
賠償責任
携行品損害
救護者費用
家族特約

 

国内旅行保険

利用条件
(傷害)死亡後遺障害
入院日額
通院日額
手術(1回)
家族特約

 

ショッピング保険

利用条件海外で購入した商品のみ対象
補償額(海外)50万円 限度(年間) 自己負担額 10,000円(1回につき)
補償額(国内)
補償対象ファミマTカードを利用して購入した物品で、購入日から90日以内に偶然な事故によって損害を被った場合

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

PAGE TOP ↑