必見!Tポイントを使うならおすすめはこの5つだ!無駄のない効率のよい使い方まとめ

公開日: : Tポイント

必見!Tポイントを使うならおすすめはこの5つだ!無駄のない効率のよい使い方まとめ

「貯まったTポイントは何使うのが一番お得なの?」

Tポイントを貯めるている方なら誰しもが一度は考えたことがある ”お得なポイントの使い方” 。

せっかく貯めたポイントを無駄なく使いたいというのは当たり前のことですが、そのためにはやはりポイントの使い道をしっかり把握しておく必要があります。

そこで今回は、「おすすめなTポイントの使い方」について詳しく紹介したいと思います。

Tポイントを無駄なくお得に使いたい!という方は、ぜひ最後までご覧になってみてください。

おすすめしたいTポイントの使い方5選!

tpoint5sen
2018年現在、Tポイントの使い道としておすすめなのは次の5つです。

  1. Yahoo!ショッピングやLOHACOといったネットショップで使う
  2. TSUTAYAやファミリーマートといった街なかのお店で使う
  3. ふるさと納税の寄付金として使う
  4. 電子マネー「Suica」へのチャージ用として使う
  5. 現金と交換する

 
それでは一つずつ見ていきましょう。

1.Yahoo!ショッピングやLOHACOといったネットショップで使う

Yahoo!ショッピング
まずは王道ですね。

貯まったTポイントは、Yahoo!ショッピングやLOHACOといったネットショップで使うのがおすすめです。

利用できるネットショップは以下の通り。

ジャンルショップ名
総合サイトYahoo!ショッピングLOHACO
生活用品ウエルシアドットコム
本・CD・DVDTSUTAYA オンラインショッピングT-SITE SHOPPING
ネットオフマイナビBOOKS
Yahoo!ブックストア
カメラ・写真カメラのキタムラネットショップTプリント
アマナイメージズ
ギフトギフトランド/お土産宅配便シャディギフトモール
スマホアクセサリーUNiCASE
ペット用品GREEN DOG
ネットオークションヤフオク Yahoo!かんたん決済利用時

 
やはりおすすめは、Tポイントがお得に貯まって使える「Yahoo!ショッピング」と「LOHACO」の2つですね。

私もよく利用していますが、「1ポイント = 1円」として無駄なく使うことができます。

また、貯まったTポイントはヤフオクで落札した商品代金の支払い用としても使うことができます。

対象は ”Yahoo!簡単決済が利用できる商品” のみにはなっていますが、落札代金の全額はもちろん、一部のみの利用も可能となっているので使い勝手は非常に良いでしょう。

ただ、Tポイントを使って落札代金の一部を支払った場合は、ポイント分を差し引いた残りの金額に対しての決算手数料がかかるので、そこだけは注意してください。全額をTポイントで支払った場合は決済手数料無料

ヤフオクで掘り出し物を見つけるのが好きな方にとっては、非常に価値のある使い道と言えるでしょう。

2.TSUTAYAやファミリーマートといった街なかのお店で使う

TSUTAYA
こちらも王道ですね。

貯まったTポイントは、街なかにあるTポイント加盟店で使うのも非常におすすめな使い方です。

代表的な利用可能店舗は以下の通り。

ジャンル店舗名称
グルメガストバーミヤン
ジョナサン吉野家
ドトールコーヒーショップ牛角
フォルクスどん亭
ロッテリア大阪王将
デリバリーガストの宅配バーミヤンの宅配
ジョナサンの宅配宅配弁当 菱膳
コンビニファミリーマートサークルK・サンクス
スーパーマルエツマミーマート
ドラッグストアウエルシアハックドラッグ
マルエドラッグドラッグイレブン
本・CD・DVDTSUTAYA蔦屋書店
WonderGOO旭屋書店
カメラ・写真カメラのキタムラスタジオマリオ(写真館)
スポーツ用品アルペンゴルフ5
スポーツデポアシックス
ホームセンター島忠・ホームズジョイフル本田
家電量販店エディオン日立チェーンストール
ファッション洋服の青山THE SUIT COMPANY
ファミリアキャラジャ
眼鏡・コンタクト眼鏡市場コンタクトのアイシティ
カーライフENEOSオートバックス
宅配・不動産ヤマト運輸賃貸住宅サービス

その他のお店はこちら

大手企業はもちろん、街の飲食店やクリーニング屋などの中小店舗や、各地域でチェーン展開しているドラッグストアやスーパーマーケットといった幅広いジャンルで利用することが可能ですね。

その数ざっと80万店舗以上。

これだけあれば「使える店舗がない!」ということもほとんどないでしょう。

ポイント価値が1.5倍!毎月20日は「ウエルシア」が超お得!

ウエルシア
お近くにドラックストア「ウエルシア」がある方はぜひ活用してもらいたいのですが、毎月20日は「ウエルシア」でのTポイントの価値がなんと1.5倍までアップします。200ポイント以上の利用が必要

数字だけ見てもあまりピンとこないかもしれませんが、この1.5倍の破壊力は相当なものです。

例えば1,000ポイントを使って買い物した場合、通常なら1,000円分の買い物しかできませんが、20日ならなんと1,500円分もの買い物ができるようになります。1ポイント=1円換算

3,000ポイントなら4,500円分、5,000ポイントなら7,500円分、10,000ポイントなら15,000円分の買い物です。

同じポイント数を使っているにもかかわらずこれだけの差が出るわけですから、1.5倍の破壊力はすさまじいものと言えますね。

月に1回しか実施していないという大きなデメリットはありますが、かなりお得にTポイントを消化できるのは間違いないので、毎月20日は積極的に「ウエルシア」でポイントを使ってみてくださいね。

ただし、Tポイントで購入した分のポイントは ”付与対象外” となるので、そこだけはご注意ください。

3.ふるさと納税の寄付金として使う

Yahooふるさと納税
貯まったTポイントは、Yahoo! JAPANが提供する「Yahoo!公金支払い」を経由して、ふるさと納税の寄付金として使うのもおすすめな使い方です。

Yahoo!公金支払いと言えば、地方公共団体の税金や各種料金をインターネット上で簡単に「カード払い+Tポイント払い」ができる便利なサービスですが、その中からふるさと納税も利用することができます。

ただ、Yahoo!公金支払いを利用したことがある方ならご存知の方も多いですが、各種税金をYahoo!公金支払いを使って支払うと、金額や自治体によって ”決算手数料” がかかってしまいます。

例えば、栃木県の方がYahoo!公金支払いを使って自動車税を支払った場合、納付金額とは別に支払い1件につき以下の手数料がかかってきます。↓

栃木県自動車税
Yahoo!公金支払いを利用するうえで決算手数料の有無は必ず確認しないといけない項目ですが、ふるさと納税にかんしてはこの煩わしい決算手数料が無料となっています。

全国どの自治体に寄付したとしてもそれは変わらず、すべて無料で寄付することができます。

つまり、ふるさと納税にかんしては、Yahoo!公金支払い最大のデメリットとも言える ”決算手数料の発生” を一切受けず、カード払いによるポイント付与の恩恵だけを受けることができるというわけです。

これはありがたい。

ふるさと納税をする予定の地方公共団体がYahoo!公金支払いに対応しているなら、必ずYahoo!公金支払いを使って納付するようにしてくださいね。

還元率1.0%のYahoo! JAPANカードを使って支払えば、実質1.0%引きで納付することができますよ。

4.電子マネー「Suica」へのチャージ用として使う

Suica

貯まったTポイントを電子マネー「Suica」へのチャージ用して使うもの、非常におすすめな使い方です。

貯まったポイントを他社のポイントプログラムに交換するのはよくある使い道のひとつですが、Tポイントではこのサービスは行っていません。

ただ、唯一電子マネー「Suica」へのチャージだけは可能となっています。

気になる交換レートは「1,000ポイント = 1,000円分」。

1ポイント = 1円の等価交換なので、損は一切ありませんね。

「Suica」は、JR東日本の鉄道やバスで利用するというイメージを持っている方もいらっしゃいますが、セブン‐イレブンやファミリーマート、ローソンといったコンビニや、Arioやイオンといったショッピングモールでの支払い用としても使うことができます。

代表的なお店を紹介すると、

ジャンル店舗名称
グルメガストバーミヤン
ロイヤルホストフォルクス
コメダ珈琲店CoCo壱番屋
甘太郎かっぱ寿司
すき家松屋
ファーストフードマクドナルドモスバーガー
ケンタッキーフライドチキンミスタードーナツ
コンビニセブン-イレブンサークルKサンクス
ファミリーマートローソン
ミニストップデイリーヤマザキ
セイコーマートセーブオン
コミュニティ・ストア
スーパーイトーヨーカドーSENDO
ショッピングセンターArioイオン
SELVAららぽーと
家電量販店コジマジョーシン
ソフマップビックカメラ
ヨドバシカメラ
書店紀伊國屋書店ブックオフ
ファッション洋服の青山コナカ
ドラッグストアウェルシアココカラファイン
ハックドラッグスギ薬局
アミューズメント快活CLUBカラオケ館
ホテルホテルニューグランドルートインホテルズ
レンタカーオリックスレンタカートヨタレンタカー
カーライフエッソ・モバイル、ゼネラルタイムズ
その他ドン・キホーテジャパン
ヤマト運輸

その他のお店はこちら

などがあります。

実に多彩なお店で利用することができますね。

貯まったTポイントは、Suicaにチャージして使うのも非常におすすめな活用法だと言えるでしょう。

なお、SuicaはSuicaマークのあるお店だけでなく

PASMO
PASMO
Kitaca
Kitaca
manaca
manaca
TOICA
TOICA
ICOCA
ICOCA
nimoca
nimoca
SUGOCA
SUGOCA
はやかけん
はやかけん

 
といった他の交通系ICカードのマークがあるお店でも、電子マネーとして使うことができます。

5.現金と交換する

ジャパンネット銀行
ネットショップや街なかのお店などTポイントの使い道は多数用意されていますが、「どうしても利用したいお店がない!」といった場合は、現金と交換するのがおすすめです。

現金と交換するためには、

  • Tポイントを1,000ポイント以上貯める
  • ジャパンネット銀行の口座を開設する
  • Yahoo!ウォレットの受取口座にジャパンネット銀行を登録する

 
といった多少の手間はかかりますが、ポイントを直接現金に変えられるのはありがたいサービスと言えますね。

ただ、最大のデメリットとして交換レートが「100ポイント → 85円」になってしまう点には注意が必要です。

1ポイント=1円の等価交換が基本であるTポイントにおいて、1ポイントあたりの価値が1円を下回ってしまうのは、お得感としてはかなり低くなってしまいます。

なので、Tポイントを現金に変える場合は、そのあたりのことをしっかり理解したうえで行うようにしてくださいね。以下概要

交換レートTポイント100ポイント ⇒ 85円
交換単位1,000ポイント以上、100ポイント単位
交換に必要な期間2週間程度
交換に必要な条件Tポイントのご利用可能ポイントが1,000ポイント以上であること
Yahoo!ウォレットの受取口座にジャパンネット銀行を登録しているYahoo! JAPAN IDであること
確認方法ポイント交換状況は、Yahoo! JAPANのポイント交換履歴一覧で確認できます。ジャパンネット銀行の取引明細では「Tポイント交換(現金)」と記載されます。
注意事項ジャパンネット銀行のシステムメンテナンス中は、ポイント交換の手続きができません。

 .

まだまだ使える!Tポイントの使い道

まだまだ使える!Tポイントの使い道
これまで紹介した5つのTポイントの使い道は、あくまで私個人が実際にTポイントを使ってみて ”これはおすすめた!” と思える方法を紹介していますが、まだまだTポイントの使い道は用意されています。

なので、今回紹介したポイントの使い道に対してあまりピンとこなかった方は、これから紹介する使い方を参考にしてみてくださいね。

グルメや家電といった様々な商品と交換する

TポイントPARK
まずは、ポイント制度を導入しているカードには、必ずと言っていいほど用意されている様々な商品との交換です。

Tポイントでは「TポイントPARK」を経由して、

  • グルメ
  • スイーツ/お菓子
  • 家電
  • 生活雑貨/文房具
  • インテリア/収納/寝具
  • キッチン用品
  • タレントグッズ/ライブチケット
  • キャラクター商品
  • マンガ
  • ファッション
  • ヘルス/ビューティーケア
  • キッズ/おもちゃ
  • アウトドア/スポーツ
  • 旅行/レジャー/体験
  • ガーデニング
  • ペット用品
  • 宝くじ
  • 商品券
  • カタログギフト

 
といったジャンルから商品を選ぶことが可能となっています。

ここでしか手に入らないレアグッズも多数用意されているので、掘り出し物を見つけたい!という方は利用してみてくださいね。(商品一覧はこちら)

ただ、ポイントさえあればすべての商品と交換できるというわけではないので、そこだけは注意してください。

実際、商品の選択画面を見ればわかるのですが、Tポイントパークでのポイントの使い方は、次の3つから選ぶことになっています。

  1. もれなく交換
  2. 抽選
  3. 先着

 
「もれなく交換」は、文字通り必要ポイントさえ集めれば該当商品と交換することができるのですが、「抽選」の場合はポイントを使って応募する形になりますので、結果次第では商品が手に入らない場合もあります。

ただ、抽選に当たれば少ないポイントで大きな見返りが得られるので、抽選が好きな方には楽しいかもしれませんね。

例えば、当たり枚数が1枚だけと少ないですが、わずか50ポイントの応募で10万円分のJCBギフト券が当たる抽選があったりします。

かなり強運の持ち主でない限り当てるのは難しいでしょうが、宝くじ感覚で遊ぶことができるので、ポイントが余っている際にはチャレンジしてみるのもおもしろいかもしれませんね。

ちなみに、私も何度か抽選商品に応募はしてみましたが、これまで1度も当たったことはありません・・・。

最後の「先着」にかんしては、決められた商品台数を先着順でポイント交換する形になります。

「もれなく交換」同様、規定のポイントを貯めれば該当商品と交換することはできますが、商品台数に限りがあるので品切れには注意してくださいね。

ANAのマイルと交換する

ANA
貯まったTポイントはANAマイルと交換することもできます。

交換レートは「500ポイント = 250マイル」で、500ポイント以上500ポイント単位での交換となります。

1ポイントあたりの価値としては通常の半分となりますが、これはどこのポイントも基本同じ還元率なのであまり気にする必要はないでしょう。

マイルの使い方によっては1マイルあたり2円以上の価値になることもあるので、うまく活用してみてください。

とはいえ、還元率は通常の半分にはなってしまうので、お得感で考えるとあまりいいとは言えないですね。

なお、TポイントとANAマイルは相互交換が可能となっていますが、一度ANAマイルに交換したポイントは再びTポイントに戻すことはできないので注意してください。

支援団体への寄付金として利用する

Tポイント募金
貯まったTポイントは「1ポイント = 1円」として、応援したい支援団体に寄付することができます。

2018年現在、寄付が可能な団体は以下のとおりです。

  • 公益財団法人 がん研究会
  • パラリンアート
  • 一般財団法人 日本国際飢餓対策機構
  • 公益財団法人新日本フィルハーモニー交響楽団
  • 一般財団法人丸山茂樹ジュニアファンデーション
  • 一般社団法人日本女子プロゴルフ協会
  • ルーム・トゥ・リード・ジャパン
  • こどもエコクラブ全国事務局
  • 特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International
  • あしなが育英会
  • グローバル・ヴィレッジ
  • 特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン
  • 特定非営利活動法人ジャパンハート
  • MOTTAINAIキャンペーン
  • 公益社団法人日本ユネスコ協会連盟
  • 一般社団法人チャンス・フォー・チルドレン
  • 特定非営利活動法人NPOカタリバ
  • セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
  • 国連UNHCR協会
  • 一般財団法人 民際センター
  • 日本赤十字社
  • WWFジャパン
  • WFP 国連世界食糧計画
  • 公益財団法人 日本ユニセフ協会
  • 国境なき医師団
  • NPO団体 MESH Support

 
被災地支援や環境保全、貧困国への支援など、募金先の団体は数多くありますので、共感できる活動が見つかったなら寄付してみるのもいいですね。

まとめ

今回は貯まったTポイントのお得な使い方について紹介してきました。

Tポイントの使い方をまとめると

  • Yahoo!ショッピングやLOHACOといったネットショップで使う。
  • TSUTAYAやファミリーマートといった街なかのお店で使う。
  • ふるさと納税の寄付金として使う。(決済手数料は無料)
  • 電子マネー「Suica」へのチャージ用として使う。
  • ジャパンネットの口座開設をして現金と交換する。(還元率が下がるので注意)
  • 様々な商品と交換する。(もれなく交換・抽選・先着の3つから選択)
  • ANAマイルと交換する。(還元率が下がるので注意)
  • 支援団体への寄付金として利用する。

 
となります。

基本は1ポイント=1円として利用することが可能なので、他社のポイントと比較しても非常に使いやすい部類に入ると言えますね。

ポイントの貯まりやすさ。ポイントの使いやすさ。どれをとっても非常に優秀なTポイントなので、ぜひメインポイントとして貯めてみてくださいね。

以上、「必見!Tポイントを使うならおすすめはこの5つだ!無駄のない効率のよい使い方まとめ」についての紹介でした。

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

PAGE TOP ↑