特典満載!イオンデビットカードを徹底解析!Visaデビットカード

公開日: : 最終更新日:2016年08月25日 Visaデビットカード

特典満載!イオンデビットカードを徹底解析!Visaデビットカード
おすすめポイント
  • 利用金額200円毎に1ポイントのときめきポイントが貯まる
  • イオングループ対象店舗での利用はいつでもポイント2倍
  • 毎月10日はときめきポイントが2倍
  • 毎月20日・30日はイオングループ対象店舗での買い物が5%OFF
  • 毎月15日は55歳以上の方のみイオングループ対象店舗での買い物が5%OFF
  • 年会費・初回発行手数料が無料
  • バックアップサービスが付帯
  • ショッピング保険「ショッピングセーフティ保険」が付帯
  • VISA認証サービスが利用できる
  • 第三者不正使用保険が付帯

イオンデビットカードの特徴

aeondebitcardnotokutyou
イオンデビットカードは、イオンフィナンシャルサービス株式会社の子会社である、株式会社イオン銀行が発行するVisaデビットカードです。

ICキャッシュカード機能は搭載しておらず、Visaデビット単体型となります。

年会費や入会金といった初期費用は無料となっていますが、申し込み可能年齢が18歳以上(高校生は不可)からと、他のVisaデビットより高めに設定されています。

カードの特典としては、利用金額200円毎に1ポイントのときめきポイントが貯まるほか、イオングループ対象店舗での買い物が5%OFFになる「お客さま感謝デー」や、利用場所を問わずポイントが2倍になる「ときめきWポイントデー」など、様々な特典を受けることができます。

また、2016年6月1日(水)より、イオングループ対象店舗での利用がいつでもポイント2倍となったことで、さらに使い勝手が倍増しております。

その他には、本カードを利用して購入した商品の破損・盗難などによる損害を、年間最高50万円(税込)まで補償してくれる「ショッピングセーフティ保険」や、万が一購入代金が普通預金残高を上回った場合でも、原則10万円を限度に利用金額を立て替えてくれる「バックアップサービス」が付帯されています。

JCBデビットカードを発行!

イオン銀行は2016年7月25日より新たに、JCBブランド「イオン銀行キャッシュ+デビット」の発行を開始しております。詳しくは下記をご覧ください。

イオンユーザー必見!イオン銀行キャッシュ+デビットを徹底解析!JCBデビットカードイオンユーザー必見!イオン銀行キャッシュ+デビットを徹底解析!JCBデビットカード
イオン銀行キャッシュ+デビットの特徴イオン銀行キャッシュ+デビットは、イオンフィナンシャルサービス株式会社の子会社である株式会社イオン銀行が、2016年7月25日より発行を開始した、イオングループでの買い物が断...

イオンデビットカードの基本詳細

カード名称イオンデビットカード
銀行名イオン銀行
年会費永久無料
入会資格電話連絡が可能な日本国内に居住する満18歳以上の方(高校生は不可)
イオン銀行の口座は必要
入会審査あり
バックアップサービス付カードのため所定の審査があります。結果、カードが発行されない場合もあります。
家族カード
ETCカード
有効期限6年間
支払い回数1回払い
支払い方法カード利用と同時に口座から引き落とし
一部店舗では店舗側の都合で後払いになる場合あり
利用限度額普通預金残高の範囲内かつ1ヶ月最大100万円まで
初期設定は1回、1日、1ヶ月それぞれ50万円(いつでも変更可能)
銀行システム停止時や、万が一預金口座残高が不足している場合には、一時的に10万円まで利用金額を立て替えてくれます。
利用できる場所国内・海外のVISAマークがある加盟店、ならびにイオンカード加盟店
国内・海外のネットショッピング
高速道路の通行料金や飛行機の機内販売サービスなど、一部利用できない加盟店があります。

VISA・PLUSマークがある海外ATM
カード利用時の確認方法ショッピング、海外で現地通貨を購入した際に、あらかじめ登録しているメールアドレスに利用確認メールが届きます。
事前に「イオンスクエアメンバー」への登録が必要
一部加盟店では確認メールが遅れる場合があります
海外ATM利用手数料1回あたり200円(税抜)
海外ATM設置機関による手数料が別途必要になる場合があります。
為替レート1.60% Visaが定める為替レートに上乗せ
カード再発行手数料無料

 

イオンデビットカードのおすすめポイント

ときめきポイントが貯まる!

ときめきポイント
イオンデビットカードでの利用金額200円毎に1ポイント(還元率=0.5%)のときめきポイントが貯まります。

貯まったポイントは、ポイント数に応じて様々な景品やギフト券と交換できるほか、WAONやドコモポイントへ移行することができます。

WAONポイント
【交換レート】

ときめきポイント「1,000ポイント」 ⇒ WAONポイント「1,000ポイント」

※1,000ポイント以上500ポイント単位
docomoプレミアクラブ
【交換レート】

ときめきポイント「1,000ポイント」 ⇒ ドコモポイント「1,000ポイント」

※1,000ポイント以上500ポイント単位

 
また、「1ポイント ⇒ 1円」として対象ネットショップで利用することもできます。

ときめきポイント決済

対象ネットショップ
AEON de WINE

AEON de WINE
ごちそうデリ365

ごちそうデリ365
グラジェネ

グラジェネ
オンバイクオンラインショップ

イオンバイク
オンラインショップ
スポーツオーソリティ(イオンスクエア店)

スポーツオーソリティ
(イオンスクエア店)
スポーツオーソリティオンラインショップ

スポーツオーソリティ
オンラインショップ
イオンボディ

イオンボディ
イオンリテールファッションショップ

イオンリテール
ファッションショップ
イオン琉球

イオン琉球
イオンウェディング

イオンウェディング
アールオーユー

アール・オー・ユー
アンドリューズタイズ

アンドリューズタイズ

詳しくはこちら

イオングループの対象店舗ならいつでもポイント2倍!

通常200円つき1ポイントが貯まるイオン銀行キャッシュ+デビットも、イオングループの対象店舗で利用すれば、いつでもポイント2倍!

200円(税込)につき2ポイントの「ときめきポイント」を貯めることができます。いつでも還元率1.0%ともなれば、使い勝手はぐんと上がりますね。

なお、毎月5日・15日・25にイオングループ対象店舗でポイントが2倍になる「お客さまわくわくデー」は、上記サービスに伴い、2016年5月25日(水)をもって終了となっております。

月に3回だけでなく、毎日ポイント2倍になるのは利用者としてはありがたい。

全国のイオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュなど、その他の対象店舗はこちら

毎月20日・30日は「お客さま感謝デー」で5%割引!

お客さま感謝デー
イオンで買い物する人にとってはお馴染みの「お客さま感謝デー」。

毎月20・30日に全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレにてイオンデビットカードを利用すれば、買い物代金が5%OFFとなります。

もちろん食材も割引対象。10,000円分の食材を購入すれば、500円のキャッシュバック。20,000円分なら1,000円のキャッシュバック。

これが1年間続くと仮定したら・・・非常に大きいですね。お米やお酒といった金額の張る商品は、なるだけ20・30日にまとめるのが良しです。

この割引サービスのためだけに、イオン系カードを保有しているという人も少なくありません。それくらいお得度の高いサービスとなっています。

ただし、お得なだけあって20・30日は非常に混みます。平日ならまだしも土日にかぶさるとさらに混みます。個人的には、朝一に行って混む前に退散するのがおすすめですね。

イオンネットスーパー・イオンショップは対象外。その他専門店なども一部対象外となる店舗があります。

毎月10日は「ときめきWポイントデー」でポイント2倍!

ときめきWポイントデー
毎月10日は「ときめきWポイントデー」。

利用場所を問わず、イオンデビットカードを利用するだけで、ときめきポイントが通常の2倍!200円につき2ポイント貯めることができます。

ただし、以下については「ときめきWポイントデー」対象外となります。

  • ギフトカード
  • 航空・鉄道料金
  • 鉄道会社が運営している商業施設(駅ナカのテナント含む)
  • WAONクレジットチャージ
  • Suicaクレジットチャージ
  • チケット類
  • 保険商品
  • 公共料金
  • 各種通信料
  • 新聞購読料
  • 医療機関
  • 旅行代理店
  • 通信販売
  • 引越業者
  • 海外での支払い分
  • ときめきポイントクラブ優待加盟店での利用分
  • その他特定商品の支払い分
  • 毎月15日は「G.G感謝デー」で55歳以上の方は5%OFF!

    G.G感謝デー
    毎月15日は「G.G感謝デー」。

    55歳以上の方は、毎月20日・30日に加えて15日も、全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ザ・ビッグにてイオンデビットカードを利用すれば、買い物代金が5%OFFとなります。

    ご両親がお近くにいらっしゃる方は、ぜひご一緒に買い物に出かけてみてはいかがでしょうか。

    割引は利用時ではなく、利用日の翌月末日にイオン銀行普通預金口座へキャッシュバックとなります。
    イオンネットスーパー・イオンショップは対象外。その他専門店なども一部対象外となる店舗があります。

    「バックアップサービス」が付帯!

    バックアップサービスとは、銀行システムの停止時や口座残高が不足した場合に、一時的に10万円まで利用金額を立て替えてくれるサービスです。

    なお、バックアップサービスの利用となる場合は、預金口座残高から併用しての引き落としとはなりません。下記図参照

    バックアップサービス
    海外ATM・CD機での利用では、バックアップサービスは適用されません。

    ショッピング保険「ショッピングセーフティ保険」が付帯!

    イオンデビットカードには、本カードを利用して購入した商品の破損・盗難などによる損害を補償してくれる「ショッピングセーフティ保険」が標準装備されていますので、万が一の時にも安心です。以下詳細

    利用条件国内 / 海外ともに利用条件はありません
    補償額(海外)50万円 限度(年間)
    補償額(国内)
    補償対象イオン銀行キャッシュ+デビットを利用して購入した物品(1品5,000円~50万円)で、購入日から180日以内に偶然な事故・盗難によって損害を被った場合

     
    ショッピング保険が付帯しているデビットカードはあまりないので、イオンデビットカードは貴重な1枚と言えますね。

    Visa認証サービスが利用可能!

    Visa認証サービスを利用することで安心してオンラインショッピングをすることができます。

    Visa認証サービスとは、Visa認証サービスに参加しているオンラインショッピングの加盟店で利用するVisaデビットに、自身が任意で設定可能なパスワードによる認証を追加することで、「なりすまし」などの第三者による不正使用を防止するのに効果的なサービスのことです。

    Visa認証サービスについては下記で紹介しています。

    3Dセキュア(本人認証サービス)とは何のこと?利用方法は?3Dセキュア(本人認証サービス)とは何のこと?利用方法は?
    クレジットカード情報の盗用による不正利用が多発している昨今。ネットショッピングにおけるセキュリティ対策が重要視されています。今回は、インターネット上でクレジットカード決済をより安全に行うための、本人認証...

    第三者不正使用保険(盗難保険)が付帯!

    イオンデビットカードには、盗難されたカードや偽造されたカードが第三者によって利用された場合でも、イオン銀行が届け出を受理した日を含めて61日前にさかのぼり、その日以降から発生した被害に対して、全額補償してくれる ”第三者不正使用保険” が付帯されています。

    補償限度額が決まっているデビットカードもあるなかで、全額補償してくれのは安心ですね。こちらも、「ショッピング保険」同様に標準で付帯されています。

    ただし、会員の過失によって被害が発生したと判断された場合は、補償されない場合もありますので注意してください。

    海外で利用する場合

    海外ショッピング

    イオンデビットカードは、VISAのマークがある加盟店で普通預金残高の範囲内かつ、1ヶ月最大100万円まで利用することができます。

    初期設定は1回、1日、1ヶ月それぞれ50万円に設定されていますが、いつでも変更可能となります。

    海外ATM(現地通貨引出し)

    VisaデビットATM
    VISAまたはPLUSマークのあるATM・CD機で、現地通貨を購入することができます。

    利用する際には手数料として1回あたり200円(税抜)がかかります。また、海外ATM設置機関による手数料が別途必要になる場合もあります。

    為替レート

    海外での利用代金(海外ショッピング、海外ATM・CDでの現地通貨引出し)は、Visaが定める為替レートに海外事務手数料(1.60%)を上乗せしたレートでの円貨換算となります。

     
    その他のVisaデビットカードについては下記で紹介しています。

    Visaデビットカードの特徴を徹底比較!最適な一枚が見つかる!Visaデビットカードの特徴を徹底比較!最適な一枚が見つかる!
    現在国内で発行されているVisaデビットカードはたくさんあります。「どれを選んだらいいのかわからない。」という方多いのではないでしょうか。そんな時は ”比較” するのが一番です。そうすれば、自分にとって最適だと...

     

    スポンサード リンク

    スポンサード リンク

    PAGE TOP ↑