必見!JCBデビットカードの特徴を徹底比較!おすすめな1枚はこれだ!

公開日: : 最終更新日:2016年08月24日 JCBデビットカード

必見!JCBデビットカードの特徴を徹底比較!おすすめな1枚はこれだ!
デビットカードを作ろうと考えた時にまず思うのが、「どんなカードがあるのだろうか?」ということだと思います。

何があるのか知らないことには、作りたくても作れないというものです。そこで今回は、現在国内で発行されている「JCBデビットカード」について紹介していきたいと思います。

本題に入る前にまず、大本である国際ブランドを決めておかなければなりません。「JCB」にするのか、それとも「VISA」にするのかということです。

ブランドが違うだけで、受けられるサービスも違ってきますので、ここはじっくりと考えましょう。一番良いのは、JCBとVISAの両方を比較して決める。というものですが、早く作りたいという方にとっては、時間がかかってしまうのが難点。

ただ、一つ言えるのは、海外で利用することが多いという方は、「VISA」がおすすめです。なぜなら、世界で見た場合の加盟店数は、VISAの方が上だからです。

すごく単純な理由ですが、使える店舗が多いというのは、それだけでメリットになります。逆に、日本で使うことが多いという方は、好みの問題です。後は、サービスを比較して決めていきましょう。

 
どうです?どちらのブランドにするか決まりましたか?

では、「JCBにしようかな」と思った方は、このまま読み進めてください。「VISAにしようかな」と思った方は、下記をご覧ください。

Visaデビットカードの特徴を徹底比較!最適な一枚が見つかる!Visaデビットカードの特徴を徹底比較!最適な一枚が見つかる!
現在国内で発行されているVisaデビットカードはたくさんあります。「どれを選んだらいいのかわからない。」という方多いのではないでしょうか。そんな時は ”比較” するのが一番です。そうすれば、自分にとって最適だと...

それでは、JCBデビットカードについて紹介していきたいと思います。以下、目次となります。

JCBデビットカードって何?

JCBデビットカードって何?
JCBデビットカードとは、キャッシュレス化が進む決済市場のニーズに応えるべく作られた、普通預金口座とダイレクトにつながる「即時決済型」のカードとなります。

日本国内はもとより、世界190以上の国と地域のJCB加盟店で、原則、24時間365日、現金の代わりとして利用することができます。

ショッピングはもちろん、JCB加盟店であればレジャーやエンターテインメント、病院や公共機関でもJCBデビットで支払えます。

2014年10月の秋。国内で初めて、JCBブランドのブランドデビットカードとして発行されたのが、千葉銀行との「ちばぎんスーパーカード<デビット>」。その後も、大垣共立銀行、北洋銀行、楽天銀行、東邦銀行とぞくぞく発行され続けています。

JCBデビットカードの特徴は?

JCBデビットカードの特徴は?
JCBデビットカードの特徴としては次の6つがあげられます。

  1. 使った代金は自分の口座からの即時支払い(引き落とし)
  2. 支払いは1回払い
  3. 銀行口座があれば発行できる
  4. 自分で限度額設定ができる
  5. 店舗でもネットでも買い物できる
  6. 利用状況はすぐにメール通知

使った代金は自分の口座からの即時支払い(引き落とし)

使った代金は、JCBデビットの登録口座からの即時支払いとなります。後払いのクレジットカードとは大きく違いますね。

全体の流れとしては以下のようになります。

デビットスキーム(枠組み)

JCBデビットスキーム

支払いは1回払い

JCBデビットの支払いは、すべて1回払い。クレジットカードのような「分割払い・リボ払い・ボーナス払い」といった支払い方法はありません。

銀行口座があれば発行できる

JCBデビットは、クレジットカードのような年収や職業によって発行の可否が決まる与信審査がありません。原則、カード発行銀行に口座を持っている方なら、15歳以上の高校生から申し込むことができます。

無職・無収入の方でももちろんOKです。

自分で限度額設定ができる

JCBデビットは、あらかじめ利用限度額が決められているクレジットカードとは違い、自分自身で自由に利用限度額を設定することができます。

「毎月使える金額は10万円まで」と設定しておけば、それ以上使いすぎる心配がありません。毎月の支出を管理したいという方には、まさにうってつけのカードだと言えます。

店舗でもネットでも買い物できる

JCBデビットは、普段の買い物はもちろん、インターネットでのショッピングにも利用することができます。

これでもう、代引き手数料やコンビニ支払い手数料とはおさらばです。

利用状況はすぐにメール通知

JCBデビット利用の都度、登録したメールアドレスに通知がくるので、スマホなどでいつでも利用状況を把握することができ、万が一の不正利用にも早期に発見することができます。

また、利用状況は会員専用WEBサービスで確認できるので、日々の支出管理がしやすくなります。現金とは異なり、利用履歴が残るがゆえのメリットだと言えますね。

JCBデビットカードを使うメリットは?

JCBデビットカードを使うメリットは?
JCBデビットを使うメリットとしては、次の5つがあげられます。

  1. 口座のお金をおろさず使える。手間と時間が軽減。
  2. 使うたびにお得
  3. 世界60ヶ所の「JCBプラザ」が利用できる
  4. 安心のセキュリティ対策
  5. 海外ATMでも使える

口座のお金をおろさず使える。手間と時間が軽減。

JCBデビットがあれば、口座のお金をおろす必要はなし。ATMを探しまわったり、並んで現金を引き出すこともなくなる。手間や時間を大幅に軽減することができますね。

もちろん、プリペイドカードや電子マネーの様に、事前にチャージするといった煩わしさもありません。まさに、現金での支払いと同じ感覚だと言えますね。

使うたびにおトク

現金で買い物をしても商品以外は何も残らない。JCBデビットで買い物をすれば、商品以外にポイントが貯まる。

JCBデビットなら買い物をするたびに現金払いにはない ”おトク” を得ることができます。

世界60ヶ所の「JCBプラザ」が利用できる

「JCBプラザ」は世界60ヵ所に設置された海外サービス窓口。JCB加盟店の予約や観光に関する問い合わせを、JCBプラザ・スタッフが日本語で対応してくれます。

主なサービス内容は以下のとおり

サービス内容
案内JCB加盟店情報や観光情報
予約ホテル、レストラン、オプショナルツアー、各種チケット など
緊急サービスJCBカードの紛失・盗難時のサポート
Wi-Fi無料サービス

 
何かと不安の多い海外において、日本語でサポートしてくるのは非常に心強い。まさに、JCBブランドカードならではのサービスと言えますね。

安心のセキュリティ対策

JCBでは第三者による不正使用を防ぐために、「不正検知システム」が導入されています。

不正検知システムとは、人工知能(AI)を使用して私たち利用者のカードを不正利用の被害から、24時間365日リアルタイムで守ってくれるシステムのこと。
詳しくは公式サイトでチェック

また、ネット犯罪が多発している昨今、安心してネットショッピングを楽しむためのセキュリティ対策として「J/Secure™(ジェイセキュア)」も導入されています。

J/Secure™(ジェイセキュア)についてもう少し詳しく。という方は、下記を御覧ください。

3Dセキュア(本人認証サービス)とは何のこと?利用方法は?3Dセキュア(本人認証サービス)とは何のこと?利用方法は?
クレジットカード情報の盗用による不正利用が多発している昨今。ネットショッピングにおけるセキュリティ対策が重要視されています。今回は、インターネット上でクレジットカード決済をより安全に行うための、本人認証...

海外ATMでも使える

世界の主要空港・都市・観光地などにあるATMやキャッシュディスペンサー(CD)を利用すれば、わざわざ両替をする必要はなし。JCBデビットがあれば、その場で国内の預金口座から ”現地通貨” を引き出すことができます。

旅行中、急に現地通貨が必要になった時には、重宝されること間違いなしです。「多額の現金を持ち歩くのが不安だ!」という方も、JCBデビットがあれば安心ですね。

JCBデビットカードはどうやって使う?

JCBデビットカードはどうやって使う?

店舗ではどうやって使う?

店舗での使い方は、クレジットカードとまったく同じです。買い物の際にJCBカードを店員さんに渡して、「1回払いでお願いします。」と伝え、サインまたは暗証番号入力を行うだけです。

もちろんクレジットカード同様、JCBに対応していないお店では使うことはできませんのであしからず。

店舗でのフローチャート

  1. 会計時にJCBカードを店員さんに渡す
  2. 「1回払い」と伝える
  3. サインまたは暗証番号入力をする(不要な場合あり)
  4. カードとお客様控えを受け取る

ネットショッピングではどうやって使う?

ネットショッピングでの使い方もクレジットカードとまったく同じです。

ネットショッピングでのフローチャート

  1. ショッピングサイトで商品を選択する
  2. 支払方法で「クレジットカード」を選択する
    ブランドを選ぶ必要がある場合は「JCB」を選択
    デビットカードがある場合は「デビットカード」を選択
  3. JCBデビットのカード番号・有効期限を入力する
  4. 決定・注文確定などのボタンをクリックする
    本人認証サービス「J/Secure™(ジェイセキュア」の登録がある場合は、認証画面へ進む
  5. ショッピングサイトでの支払い処理が終わると、「カードご利用通知メール」が届く
  6. 会員専用WEBサービスで利用代金明細を確認する。

 
以上です。

少々長く感じますが、実際やってみるとすごく簡単ですので安心してください。

JCBデビットカードの比較一覧表

JCBデビットカードの比較一覧表
それでは、現在国内で発行されているJCBデビットカードについて比較していきたいと思います。これだと思う1枚をぜひ見つけて下さい。

楽天銀行デビットカード(JCB)
楽天銀行デビットカード(JCB)
詳細はこちら
発行銀行
楽天銀行
イチ押し度
イチ押し
  • 利用金額100円毎に1ポイントの「楽天スーパーポイント」が貯まる!(還元率1.0%)
年会費家族カードショッピング保険海外ATM手数料
無料××無料
お申込み・公式サイト

ちばぎんスーパーカード<デビット>
ちばぎんスーパーカード<デビット>
詳細はこちら
発行銀行
千葉銀行
イチ押し度
イチ押し
  • 毎月の利用合計金額1,000円につき1ポイントの「Oki Dokiポイント」が貯まる
  • 国内・海外の旅行傷害保険が付帯
  • ショッピング保険が付帯(海外のみ)
  • 条件クリアで2年目以降も年会費無料
年会費家族カードショッピング保険海外ATM手数料
1,250円(税抜)
初年度無料
400円(税抜)
初年度無料

海外のみ
100円(税抜)

ちばぎんスーパーカード<デビット>ゴールド
ちばぎんスーパーカード<デビット>ゴールド
詳細はこちら
発行銀行
千葉銀行
イチ押し度
イチ押し
  • 毎月の利用合計金額1,000円につき1ポイントの「Oki Dokiポイント」が貯まる
  • 国内・海外の旅行傷害保険が付帯
  • ショッピング保険が自動付帯
  • 空港ラウンジが無料で利用できる
年会費家族カードショッピング保険海外ATM手数料
10,000円(税抜)1,000円(税抜)
1人目無料
100円(税抜)

OKBデビット(JCB)
OKBデビット(JCB)
詳細はこちら
発行銀行
大垣共立銀行
イチ押し度
イチ押し
  • 毎月の利用合計金額1,000円につき1ポイントの「Oki Dokiポイント」が貯まる
  • 国内・海外の旅行傷害保険が付帯
年会費家族カードショッピング保険海外ATM手数料
1,000円(税抜)無料

北洋-JCBデビット
北洋-JCBデビット
詳細はこちら
発行銀行
北洋銀行
イチ押し度
イチ押し
  • 毎月の利用合計金額1,000円につき1ポイントの「Oki Dokiポイント」が貯まる
  • 国内・海外の旅行傷害保険が付帯
年会費家族カードショッピング保険海外ATM手数料
500円(税抜)
初年度無料
100円(税抜)

東邦Alwaysデビットカード<JCB>
東邦Alwaysデビットカード<JCB>
詳細はこちら
発行銀行
東邦銀行
イチ押し度
イチ押し
  • 毎月の利用合計金額1,000円につき1ポイントの「Oki Dokiポイント」が貯まる
  • 国内・海外の旅行傷害保険が付帯
  • 条件クリアで2年目以降も年会費無料
年会費家族カードショッピング保険海外ATM手数料
1,250円(税抜)
初年度無料
400円(税抜)
初年度無料
100円(税抜)

東邦Alwaysデビットカード<JCB>ゴールド
東邦Alwaysデビットカード<JCB>ゴールド
詳細はこちら
発行銀行
東邦銀行
イチ押し度
イチ押し
  • 毎月の利用合計金額1,000円につき1ポイントの「Oki Dokiポイント」が貯まる
  • 国内・海外の旅行傷害保険が自動付帯
年会費家族カードショッピング保険海外ATM手数料
10,000円(税抜)1,000円(税抜)
1人目無料
100円(税抜)

ワイエムデビットJCB
ワイエムデビットJCB
詳細はこちら
発行銀行
山口銀行、もみじ銀行、北九州銀行
イチ押し度
イチ押し
  • 毎月の利用合計金額1,000円につき1ポイントの「Oki Dokiポイント」が貯まる
年会費家族カードショッピング保険海外ATM手数料
1,250円(税抜)
初年度無料
400円(税抜)
初年度無料

ワイエムデビットJCBゴールド
ワイエムデビットJCBゴールド
詳細はこちら
発行銀行
山口銀行、もみじ銀行、北九州銀行
イチ押し度
イチ押し
  • 毎月の利用合計金額1,000円につき1ポイントの「Oki Dokiポイント」が貯まる
年会費家族カードショッピング保険海外ATM手数料
10,000円(税抜)1,000円(税抜)
1人目無料

イオン銀行キャッシュ+デビット
イオン銀行キャッシュ+デビット
詳細はこちら
発行銀行
イオン銀行
イチ押し度
イチ押し
  • 利用金額200円につき1ポイントの「ときめきポイント」が貯まる
  • 電子マネー「WAON」搭載
  • 毎月20日・30日はイオングループ対象店舗での買い物が5%OFF
  • 普通預金の金利上乗せサービス
  • ショッピング保険が付帯
年会費家族カードショッピング保険海外ATM手数料
無料200円(税抜)

おすすめのJCBデビットカードは?

おすすめのJCBデビットカードは?
当サイトがおすすめするJCBデビットカードは、「楽天銀行デビットカード(JCB)」です。そのおすすめポイントは次の3つ。

  1. 圧巻のポイント還元率
  2. 年会費は永久無料
  3. 申し込み地域にしばりがない

圧巻のポイント還元率

カードを選ぶ際の基準にポイント還元率は外せません。楽天銀行デビットカード(JCB)は、JCBデビット中で唯一、還元率1.0%を誇っています。その他のカードはすべて0.5%。

還元率の低さがデメリットとしてあげられるデビットカードで、1.0%というのはクレジットカード並。頭ひとつ分、他のカードより抜け出た感がありますね。

年会費は永久無料

こちらもカードを選ぶ際には重要な要素のひとつ。JCBデビットの中で年会費がずっと無料なのは、「楽天銀行デビットカード(JCB)」だけ。

一部、条件をクリアすることで、2年目以降も年会費が無料になるカードもあります。

申し込み地域にしばりがない

デビットカードの発行元は、カード会社ではなく、すべて「銀行」。カードを作るためには、対象銀行の口座を開設しなければなりません。実は、これが以外とハードルが高い。

下記表を見てください。

カード名称銀行名口座開設の条件
ちばぎんスーパーカード<デビット>千葉銀行千葉銀行の営業地域内に住所または勤務先(学校)がある方
OKBデビット(JCB)大垣共立銀行大垣共立銀行の本支店・出張所窓口
北洋-JCBデビット北洋銀行北洋銀行の本支店窓口
東邦Alwaysデビットカード<JCB>東邦銀行自宅またはお勤め先・通学先の所在地が東邦銀行本支店の営業地域内にある方

 
主な銀行の口座開設条件をあげましたが、”地域密着型” というケースがほとんどです。

つまり、カード作りたいと思っても、対象地域住んでいないので口座開設ができない。口座開設ができなければ、カードも作れないということになります。

その点、ネット銀行である楽天銀行は全国どこからでも口座開設が可能です。作りたいと思えば誰でも簡単に申し込みができます。この差は非常に大きいですね。

楽天銀行デビットカード(JCB)のデメリット

楽天銀行デビットカード(JCB)が、他のカードより全ての面で優れているという訳ではありません。もちろんデメリットもあります。

それは、次の3つ。

  1. ショッピング保険が付帯していない
  2. 旅行傷害保険が付帯していない
  3. 家族カードがない

 
ちばぎんスーパーカード<デビット>をはじめ、北洋-JCBデビット、OKBデビット(JCB)、東邦Alwaysデビットカード<JCB>には、ショッピング保険あるいは国内・海外の旅行傷害保険が付帯されています。

そして、ちばぎんスーパーカード<デビット>、東邦Alwaysデビットカード<JCB>は、家族カードの発行が可能です。

楽天銀行デビットカード(JCB)には、これらサービスが付帯されていません。このデメリットをどう捉えるかで、カードの選び方が変わってくるのではないかと思います。

他のカードは、年会費がかかる分、付帯サービスが充実していると言えますね。

まとめ

いかがでしたか?”これだ!”という1枚は見つかりましたでしょうか?

なかなか1回で決めるのは難しいかと思いますが、たとえどのカードを選んだとしても、現金払いに比べたら断然おトクなのは間違いありません。じっくり選んで決めてみてください。

以上、「必見!JCBデビットカードの特徴を徹底比較!おすすめな1枚はこれだ!」についての紹介でした。

やっぱり「Visaデビットも検討してみようかな?」という方は、下記をご覧ください。

Visaデビットカードの特徴を徹底比較!最適な一枚が見つかる!Visaデビットカードの特徴を徹底比較!最適な一枚が見つかる!
現在国内で発行されているVisaデビットカードはたくさんあります。「どれを選んだらいいのかわからない。」という方多いのではないでしょうか。そんな時は ”比較” するのが一番です。そうすれば、自分にとって最適だと...

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

PAGE TOP ↑