クレジットカードの有効期限切れが近い!公共料金の支払いはどうなるの?

公開日: : 支払い

クレジットカードの有効期限切れが近い!公共料金の支払いはどうなるの?
電気・ガスなどの公共料金や携帯電話料金の支払いをカード決済にしているという方は多いと思いますが、登録しているクレジットカードの有効期限が切れそうになった場合には、支払いはどうなってしまうのでしょうか?

今回は、クレジットカードの有効期限切れが近づいてきた際の支払いについて紹介したいと思います。

クレジットカードの有効期限が切れる前には新しいカードが送られてくる

ガッツポーズ
クレジットカードの有効期限が近づいてくると「何か手続きとかしないといけないのだろうか?」と心配になる方も多いと思いますが、その心配はいりません。

通常カードの有効期限が近づいてきた場合には、期限切れになる前に新しいカードが送られてきます。

カードが送られてくる日については、カード会社によって多少の違いはありますが、だいたい1ヶ月~2ヶ月前に送られてくることが多いです。

なので、クレジットカードの有効期限が近づいてきたとしても、何も心配する必要はありません。

ただ待っているだけでOKです。

ただし、カードの更新には必ず再審査がありますので、度重なる延滞を繰り返していたり、まったくカードを使っていなかったりすると、カードの更新を拒否される場合もあるのでご注意ください。

その他にも、引っ越しをしたのに住所変更届けを出していなかったという理由なんかでも、カードが届かなかったというケースもあります。

引っ越し直後というのは何かとバタバタするかとは思いますが、住所変更の届け出はクレジットカードに限らず早めに行っておくのがいいですね。

新しいカードが届いても基本手続きは不要

ストップ
クレジットカードの有効期限が近づいてくるとカード会社から新しいカードが送られてくるわけですが、毎月支払う固定費の決済を前のカードで登録していた場合にはどうすればいいのでしょうか?

まず考えるのは、新しいカードで再登録をするということですが、基本的にこの作業は不要なケースが多いです。

なぜなら、ほとんどのカード会社には「洗替」と呼ばれる便利なサービスが用意されているからです。

洗替ってどんなサービスなの?

洗替とは簡単に言えば、これまで登録していた古いカード情報を新しいカード情報へと自動で更新してくれるサービスのことです。

一般的には、古いデータを新しいデータに更新する、あるいは資産を見直すといった意味で取られることが多いですが、クレジットカード業界では「クレジットカードの有効期限などの有効性をチェックし、最新の情報に更新する」という意味になります。

このサービスがあるおかげで、私たちはカードの再登録という煩わしい作業から逃れられることができます。非常にありがたいですね。

ちなみに、洗替が適用されるお主な支払いは次のとおりになります。

  • 公共料金(電気・ガス・水道)
  • 携帯電話料金
  • プロバイダ料金
  • 生命保険料など各種

 

カード番号が変わった場合は洗替は適用されない

困った顔
洗替は手続き不要で新しいカード情報へと更新してくれる便利なサービスですが、カード番号が変わった際には洗替は適用されないので注意が必要です。

例えば、カードを紛失して再発行してもらった場合や、カードのグレードを一般からゴールドカードなどに変更した場合などがそれにあたります。

通常のカード更新は、有効期限が変わるだけでカード番号の変更はありませんが、再発行の場合はカード番号も一緒に変更されます。

カードのグレードを変更した場合も同様です。

なので、このようなケースになった場合は、面倒くさいですが各サービス会社ごとにカードの再登録を行ってくださいね。

ネットショップでの支払いに登録しているカードも洗替されない

ネットショップでの支払いをカード決済にしている方は多いと思いますが、ここで登録しているカード情報についても洗替は適用されません。

具体的には、

  • Amazon.co.jp
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • ポンパレモール

 
といったネットショップですね。

洗替は公共料金や携帯電話料金といった毎月支払っている固定費にのみに適用されるサービスで、それ以外では適用外となります。

毎月支払う固定費のようにカードが止まって支払いができなかった!ということにはなりませんが、カードの更新があった場合は再登録をする必要があるということは覚えておいてくださいね。

新しいカードが届いたら古いカードはしっかり破棄しておく

ゴミ箱
新しいカードが届いたら当然古いカードは不要になりますが、そのままゴミ箱にポイッと捨てるのだけはやめておきましょう。

カードが使えないとは言え、ICチップや磁気テープにはあなたの個人情報がたくさん詰まっていますので、きちんと処分したのちに破棄するのが安全です。

基本的には、ハサミやシュレッダーを使ってICチップや磁気テープを細かく刻むだけでいいのですが、100%安全に処分したいという方は下記で紹介していますので参考にしてみてください。

不要なクレジットカードを安全に処分する5つの方法!100%の安心安全を補償します。
解約していらなくなったクレジットカード有効期限が切れて使えなくなったクレジットカード紛失届けを出した後に見つかったクレジットカード このような、いわば ”不要” になったクレジットカード。皆さんはどうさ...

まとめ

今回はクレジットカードの有効期限切れが近くなってきた際の公共料金や携帯電話料金の支払いについて紹介してきました。

結論は、

カード会社が提供している洗替によって新しいカード情報は自動的に引き継がれ、手続き不要で支払いが継続される。

となります。

ただし、カードの紛失やグレードアップによってカード番号が変更された場合や、ネットショップでの支払いに登録しているカードの場合は、洗替は適用されず自身で再登録を行う必要があるのでそこは注意です。

クレジットカードの有効期限を気にするのは数年に1回程度しかありませんが、いざ更新日が近づくといろいろと疑問は浮かんでくるものです。

特に毎月支払っている固定費については支払いができないとサービスが利用できなくなってしまうわけですから、もっとも注意するべき点だと言えますね。

洗替により固定費の支払いは自動的に切り替わるとは言え、カードの更新を拒否されるケースもありますので一応カードの更新日が近づいた場合は注意するようにしてくださいね。

以上、「クレジットカードの有効期限切れが近い!公共料金の支払いはどうなるの?」についての紹介でした。

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

PAGE TOP ↑