Yahoo! JAPANカードの利用で毎日ポイント3倍!Yahoo!ショッピングとLOHACOで買い物するなら必須カード間違いなし!

公開日: : 最終更新日:2018年06月15日 Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカード
Yahoo! JAPANカード
国際ブランド
VISA・MasterCard・JCB
イチ押し度
イチ押し

  • 年会費は永久無料
  • 1回の支払い金額100円(税込)につき1ポイントの「Tポイント」が貯まる(還元率1.0%)
  • Tカード一体型だから2枚持ち不要
  • Tポイント提携先での買い物はポイント2重取り
  • 年1回のカード利用でTポイントの有効期限は実質無期限
  • 「Yahoo!ショッピング」と「LOHACO」での買い物は毎日ポイント3倍
  • 5のつく日は「Yahoo!ショッピング」と「LOHACO」での買い物がポイント7倍
  • nanacoチャージでも0.5%還元(JCB限定)
  • 国内対応のショッピング保険が付帯
  • ヤフオク!で出品する際の本人確認が不要
  • Apple Payに対応
公式サイト

 
今回はTポイントを貯めるなら絶対に外せない「Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)」について紹介したいと思います。

メリットやデメリットなどYahoo! JAPANカードのすべてを解説していますので、Yahoo! JAPANカードを検討している方や、最大限活用したいという方はぜひご覧になってみてください。

目次

気になる年会費は永久無料

カード選びにおいて年会費の有無は必ず確認する項目だと思いますが、Yahoo! JAPANカードの年会費は永久無料となっています。

1年だろうが10年だろうがずっと無料で持ち続けることができます。利用者としてこれはありがたいですね。

審査難易度についても、アルバイトや学生、主婦の方が持てるほど甘めの設定になっているので、なかなか通らないという方にもおすすめなカードになります。

しかも、最短2分で審査完了とかなりスピーディなので、すぐに結果を知りたいという方にもおすすめです。

利用金額100円(税込)につき1ポイントの「Tポイント」が貯まる

利用金額100円(税込)につき1ポイントの「Tポイント」が貯まる
Yahoo! JAPANカードを使って貯まるポイントは「Tポイント」。100円(税込)につき1ポイントが貯まります。

還元率は1.0%なので、メインカードとしても申し分なしですね。

ただ、Yahoo! JAPANカードでつくポイントは、 1ヶ月の合計金額に対してではなくて、1回の支払い金額ごとに対して付与されるので、実際には還元率が1.0%以下になるケースが多いです。

例えば、コンビニで150円商品を2つ購入するとした場合、1回の精算で2つ分の300円を支払えば、ポイントは3ポイントとなりますが、精算を2回に分けてしまうと、100円未満は切り捨てられるのでもらえるポイントは2ポイントになってしまいます。

  • 150円×2の商品を1回で精算:3ポイント獲得
  • 150円×2の商品を2回に分けて精算:2イント獲得(100円未満は切り捨てのため)

この点はマイナス評価となりますが、損失としては微々たるものなので個人的にはあまり気にする必要はないと言えるでしょう。以下、公式サイトより抜粋

Tポイントの獲得について

※1回の取引金額に対して、100円につき1ポイントを獲得できます。1回の取引に100円未満の端数がある場合、その金額はポイント獲得対象となりません。

Tカード一体型だから提携先での利用ならダブルポイント

Tカード一体型だから提携先での利用ならダブルポイント
Yahoo! JAPANカードは券面にTカード番号が印字されているので、Tカードとしても同時に利用することができます。

全国のTポイント提携先で利用すれば、Tポイントの2重取りが可能です。

例えば、Yahoo! JAPANカードを使ってTSUTAYAで2,000円分レンタルしたとします。

Tポイント提携先であるTSUTAYAでは200円につき1ポイントのTポイントが貯まるので、もらえるポイントは10ポイントになります。

現金払いであればこのままですが、Yahoo! JAPANカードを使って支払えば100円につき1ポイントが同時に貯まるので、さらに20ポイントのTポイントを獲得することができます。

つまり、Yahoo! JAPANカードを利用すれば、還元率1.5%でTポイントを獲得することができるというわけです。

  • 現金払いの場合:10ポイント獲得(還元率0.5%)
  • カード払いの場合:30ポイント獲得(還元率1.5%)

2,000円程度ならその差は微々たるものですが、10万円分になると1,000ポイントもの差になります。

これは大きいですね。

Tポイント提携先をよく利用するという方は、必ずYahoo! JAPANカードで支払いするようにしておきましょう。

複数のTカードで貯まったポイントは別カードへ移動可能

Tカードが貯まるカードは色々あるので、要所要所で使い分けている方も多いと思います。

例えば、ファミリーマートなら「ファミマTカード」、ニッセンなら「マジカルクラブTカードJCB」を利用するといった感じです。

このような場合、それぞれのカードにTポイントが貯まっていきますが、Tポイントは「Tカードポイント移動手続き」を行うことで、簡単に別のTカードへ移動させることができます。

複数のTカードで貯まったポイントは別カードへ移動可能
以前は、各カードで貯まったTポイントはそれぞれのカードで消化する必要がありましたが、今では手続きひとつで簡単に統合できるので非常に使いやすくなっていますね。

貯まったTポイントの使い方

Yahoo! JAPANカードで貯まったTポイントは「1ポイント ⇒ 1円」として、全国にある以下の店舗で利用することができます。

  • TSUTAYA
  • 蔦屋書店
  • GYAO!ストア
  • Yahoo!ブックストア
  • 東京ワンピースタワー
  • Ameba
  • Tトラベル
  • マイナビトラベル
  • カメラのキタムラ
  • スタジオマリオ(写真館)
  • アルペン
  • ゴルフ5
  • スポーツデポ
  • 喜瀬カントリークラブ
  • ファミリーマート
  • サークルK・サンクス
  • スリーエフ
  • マルエツ
  • マミーマート
  • クイーンズ伊勢丹
  • 三越
  • 伊勢丹
  • ウエルシア
  • マルエドラッグ
  • エディオン
  • ガスト
  • バーミヤン
  • ドトール
  • 吉野家
  • 牛角
  • 洋服の青山
  • ファミリア
  • 眼鏡市場
  • ENEOS
  • オートバックス

 
さすが、Tポイントといったところですね。

各ジャンルの有名店舗が加盟しているので、使い道に困るといったことはないでしょう。(その他の店舗はこちら)

また、TポイントならANAマイルと交換することも可能です。

交換レートは、「500ポイント ⇒ 250マイル」と半分になってしまいますが、これは他の共通ポイントも同様のことなので気にする必要はないでしょう。

むしろ、Tポイントが貯まりやすい分、他のカードでANAマイルを貯めるよりもお得になると言えますね。

Tポイントの有効期限はうれしい実質無期限

Yahoo! JAPANカードを使って貯まったTポイントの有効期限は、ポイントの変動があった日から1年間となります。

つまり、カードを使ってポイントが付与されたりポイントを利用していれば、有効期限が切れてポイントが消失してしまうことはないということです。

実質無期限

私みたいに有効期限を気にしながらポイントを貯めるのが面倒くさいという方には、まさにうってつけのカードだと言えますね。

「Yahoo!ショッピング」と「LOHACO」での買い物は毎日ポイント3倍

「Yahoo!ショッピング」と「LOHACO」での買い物は毎日ポイント3倍
Yahoo! JAPANカード最大のメリットと呼ばれるのが、この「Yahoo!ショッピング」と「LOHACO」での買い物が毎日ポイント3倍になるという特典です。

Yahoo! JAPANカードを使って支払いをすれば、いつでも100円につき3ポイントと通常の3倍のTポイントを獲得することができます。

10,000円の商品を購入したら300ポイントがもらえるわけですから、これはかなりのお得度ですね。

もちろん、パソコン・スマートフォンを問わず3倍の対象なので、いつでもどこでもポイントアップ特典をうけることができます。

自宅のパソコンでゆっくり買い物してもポイント3倍、出先の空き時間にスマホを使って手軽に買い物してもポイント3倍です。

さらに、定期的に開催されるYahoo!ショッピングやLOHACOでのポイントアップキャンペーンを利用すれば、1回の購入でより多くのTポイントを獲得することもできます。

LOHACOキャンペーン
うまく利用すれば少ない購入で大量のポイントを獲得することが可能ですね。

期間固定Tポイントに注意

期間固定Tポイントに注意
「Yahoo!ショッピング」と「LOHACO」での買い物では圧倒的な力を発揮するYahoo! JAPANカードですが、1点だけ注意することがあります。

それは、もらえるTポイントの一部が期間固定Tポイントになるという点です。

「Yahoo!ショッピング」と「LOHACO」での買い物でもらえるポイント3倍の内訳は、

  • クレジットポイント「1倍」
  • Yahoo!ショッピング・LOHACO利用ポイント「1倍」
  • ストアポイント・LOHACOポイント「1倍」

となっているのですが、この中のYahoo!ショッピング・LOHACO利用ポイント「1倍」というのが、2017年10月1日より通常ポイントから期間固定Tポイントに変更されています。↓

期間固定Tポイント変更
これによる弊害は、ずばり有効期限の管理が必要になったということです。

以前までの通常ポイントなら、年に一回カードを利用しているだけで有効期限が延長されるのでポイントがなくなる心配はありませんでしたが、期間固定Tポイントにはこのサービスは適用されません。

つまり、カードを利用したとしても期間固定Tポイントを使わない限り、一定期間を過ぎればポイントがなくなってしまうということです。

具体的には、利用した翌月15日前後にポイント付与され、進呈月の末日から31日後までが有効期限になります。

決して猶予がるとは言えないので、うっかり期限切れにだけはならないよう注意してくださいね。

なお、「クレジットポイント」と「ストアポイント・LOHACOポイント」についてはこれまで通り通常ポイント扱いになるので、年に1回でもポイント利用していれば有効期限が切れる心配はありません。

期間固定Tポイントの使い方

期間限定ポイントの一番の難点は、使い道に困るという点ではないでしょうか。

通常ポイントであれば、提携先のインターネットサービスや街のお店でも利用できるので使い道に困るということもないでしょうが、期間固定Tポイントは有効期限だけでなく利用場所もYahoo!JAPAN関連サービスに限定されています。

期間固定Tポイントの使い方
では、期間限定ポイントが利用できるYahoo!JAPAN関連サービスには一体何があるのでしょうか。

それは以下の通りです。

  • Yahoo!ショッピング
  • LOHACO
  • ヤフオク!
  • Yahoo! toto
  • Yahoo!トラベル
  • Yahoo!公金支払い
  • Yahoo!ブックストア
  • Yahoo!占い
  • GYAO!ストア
  • Yahoo!ゲーム
  • Yahoo!ネット募金

 
それなりに利用場所はあるようですが、定期的に期間固定Tポイントを消化することを考えると、

  • Yahoo!ショッピング
  • LOHACO
  • ヤフオク!
  • GYAO!ストア

 
の4つくらいに絞られそうですね。

期間固定Tポイントを街のお店で使うことはできませんが、日頃からYahoo!ショッピングやLOHACOを利用している方にとっては、それほど大きな問題になることは少なそうですね。

使い道に困る500ポイント未満の少額ポイントも、LOHACOで日用品を購入したり、休日にGYAO!ストアで映画を見たり、Yahoo!ブックストアでマンガを読んだりして活用してみてくださいね。

運試しにYahoo! totoでくじを購入するというのもありかもですね。一口100ポイントからなので、手軽に購入することができますよ。

スポット的なポイント消化はふるさと納税がおすすめ

スポット的なポイント消化はふるさと納税がおすすめ
定期的な利用の面ではあまり有効な手段ではありませんが、年に数回のスポット的なポイント消化で言えば、Yahoo!公金支払いからふるさと納税の支払いに期間固定Tポイントを利用するのがおすすめです。

ポイント利用した残りの差額もYahoo! JAPANカードで支払うことができるので、非常に有効な利用方法だと言えます。

全額Tポイントで決済すれば、お金を出さずして豪華な返礼品をもらうことも可能なわけですから、利用しない手はないですね。

毎年ふるさと納税をしている方は、ぜひ利用してみてください。

期間固定Tポイントはどうやって確認するの?

期間固定Tポイントの確認方法はいたって簡単です。

Yahoo!JAPANにログイン後、「ポイント通帳」のタブをクリックするだけです。

そすれば以下のように、確認することができます。

期間固定Tポイントはどうやって確認するの?
両方の合算ポイントだけでなく、通常ポイントと期間限定ポイントもしっかり分かれており、それぞれの有効期限も記載されているので、非常に把握しやすい仕様となっていますね。

定期的に確認して、有効期限切れにならないように注意しておきましょう。

Yahoo! JAPAN以外の領収書には期間固定Tポイントは表示されない

ahoo! JAPAN以外の領収書には期間固定Tポイントは表示されない
街のお店でTカードを利用すると領収書に利用可能なTポイント数が表示されますが、これには期間固定Tポイントは含まれていませんので注意してください。

また、Yahoo! JAPAN以外のサービスでTポイントを利用した際に発行される領収書も、同様に期間固定Tポイントは含まれていないので合わせて注意してくださいね。

Tポイントの失効期限が近づけは知らせてくれるので安心

定期的に「ポイント通帳」を見るのは面倒くさい、あるいは見るのを忘れていたという場合でも、Tポイントの失効が近づいてくると、

  • Yahoo! JAPANのトップページ
  • 各ヤフーサービスの画面上部
  • メール
  • myThingsアプリ

などで知らせてくれるので、ポイント失効を防ぐことができます。

私も何度かこの知らせで助けられたこともあるので、非常に便利なサービスだと言えますね。

5のつく日はポイント7倍

5のつく日はポイント7倍
Yahoo!JAPANでは毎月5のつく日「5日・15日・25日」にYahoo!ショッピングとLOHACOでの買い物がアプリ経由でポイント5倍までアップする特典が用意されていますが、Yahoo! JAPANカードで支払えば、さらに

  • クレジットポイント「1倍」
  • Yahoo!ショッピング・LOHACO利用ポイント「1倍」

 
の2倍が加算され、ポイント7倍で買い物することができます。

ポイント還元率はなんと7.0%です。

10,000円の商品を購入したら700円相当のポイントが還元されるわけですから、まさに驚異的なお得度ですね。

ただし、もらえる7%のうち5%はボーナスポイント(期間固定Tポイント)になるので、そこだけは注意してくださいね。

せっかくもらったTポイントも、有効期限が切れてしまっては何の意味もありませんので・・・。

また、もらえるTポイントも上限が5,000ポイントまでとなっている点も合わせて注意してください。

Yahoo!プレミアム会員の方はさらにお得

Yahoo!プレミアム会員の方はさらにお得
Yahoo!プレミアム会員はYahoo!ショッピングとLOHACOでの買い物が毎日5倍になる特典が用意されているので、5のつく日なら、なんと還元率11%で買い物することができるようになります。

10,000円の商品を購入したら1,100円相当分が戻ってくるわけですから、これはすごいの一言ですね。

Yahoo!プレミアム会員の方は買いたい商品をあらかじめピックアップしておき、5のつく日にまとめて購入するようにしておきましょう。

同じ30,000円分の商品を買ったとしても、

  • 5のつく日に購入した場合:3,300ポイント還元
  • それ以外で購入した場合:900ポイント還元

これだけの差がでてくるわけですから、利用しない手はないですね。

ちなみに、還元率11%の内訳は、以下のようになっています。

  • クレジットポイント「1倍」
  • Yahoo!ショッピング・LOHACO利用ポイント「1倍」
  • ストアポイント・LOHACOポイント「1倍」
  • 5のつく日特典ポイント「2倍」
  • アプリ経由特典ポイント「2倍」
  • Yahoo!プレミアム会員特典ポイント「4倍」

 

Tモールを経由すれば更にお得になる

Tモール
ポイントモールと呼ばれる「Tモール」を経由すれば、Yahoo!ショッピングとLOHACOでの買い物がさらにお得になります。

Yahoo!ショッピングなら0.5%、LOHACOなら1.0%が上乗せされてポイントがもらえます。

もちろん、Yahoo!ショッピングやLOHACO以外にもたくさんの店舗があるので、Tモールを経由して購入すればより多くのTポイントを得ることができます。

効率よくTポイントを貯めるなら、Tモールは必ず経由してから購入するようにしておきましょう。

JCB限定!nanacoチャージでTポイントがもらえる

2018年2月28日からは、nanacoチャージポイント(100円につき1ポイント)が200円につき1ポイント(還元率0.5%)へと改悪されています。

Yahoo! JAPANカードはTポイント提携店やYahoo! JAPAN関連のサービスでの利用がお得になるというイメージが強いですが、実はnanacoチャージにおいても非常に優秀なカードとなっています。

なぜなら、Yahoo! JAPANカードはnanacoチャージでポイントが付与される数少ないカードの一つだからです。

しかも、還元率1.0%でポイント付与されるカードは、現在「Yahoo! JAPANカード」と「リクルートカード」の2枚だけです。

楽天カード(JCB)は2017年11月1日よりポイント付与対象外となっています。

還元率はリクルートカードの1.2%には劣りますが、リクルートサービスやPonta提携店をあまり利用しないという方にとっては、まさに最強のnanacoチャージカードだと言えますね。

これまで楽天カードとnanacoを併用して自動車税や固定資産税などの各種税金払いをしていた方は、楽天カードの代替え用としてYahoo! JAPANカードを利用してみてくださいね。

ただし、nanacoチャージが可能なのは「JCB」ブランドだけなので、間違ってVISAやMasterCardを選ばないようにしてくださいね。

どうしてもVISAかMasterCardを選びたいという方は、現在nanacoチャージでは最強の還元率を誇るリクルートカードがおすすめです。

リクルートカードならYahoo! JAPANカードのような国際ブランドの縛りはなく、VISAでもMasterCardでもJCBでもnanacoチャージでポイントを獲得することができます。

リクルートカードの詳細については下記で解説していますので、還元率や国際ブランド重視の方は参考にしてみてください。

リクルートカードリクルートカードはnanacoチャージ最強!ポイント還元率1.2%は日本最高峰!
 今回はリクルートが運営するサービスやPonta提携店舗での利用が断然お得になるリクルートカードについての紹介です。メリットやデメリット、特徴などを詳しく紹介していますので、日頃からリクルートサービスやPo...

MasterCardはau WALLETへのチャージポイントが貯まる

JCBブランドはnanacoへのチャージポイントが貯まりますが、MasterCardはau WALLETへのチャージポイントが貯まります。

もちろん、利用時のポイントも入るのでポイントの2重取りが可能です。

au WALLETを利用している方は、MasterCardを選んでおきましょう。

国内外対象のショッピングガード保険が付帯

Yahoo! JAPANカードを使って購入した商品には、購入日から90日間のショッピング保険が適用されます。

保険適用は、破損、盗難、火災などの偶然な事故によって損害を被った場合に限られますが、無料で付帯されているのは安心ですね。

しかも、Yahoo! JAPANカードにはショッピング保険は付帯しているけど海外で購入した商品だけしか補償してくれないといったありがちな縛りもないので、非常に使いやすい保険となっています。

ただし、保険が適用されるのは商品価格が10,000円(税込)以上のものに限るので、そこだけは注意してくださいね。以下、補償概要

補償項目補償内容
適用条件商品価格が10,000円(税込)以上のもの
国内外問わず対象
補償額海外100万円 限度
自己負担額1回の事故につき3,000円
国内
補償対象期間補償期間内に会員がYahoo! JAPANカードを利用して購入した物品で、購入日から90日以内に偶然な事故によって損害を被った場合

 
国内外問わず補償してくれるショッピング保険は、お守りとしては非常に優秀と言えますね。

補償を充実させるなら「プラチナ補償」に加入

プラチナ補償
Yahoo! JAPANカードには「プラチナ補償」と呼ばれる有償の保険サービスが用意されています。

月額490円(税抜)を支払うことで、以下の様々なトラブルに対しての補償が可能になります。初回申込みに限り初月無料

補償名称事柄補償金額
修理補償金保証期間外の修理でお金がかかった保証書有:修理費用の100%
保証書無:修理費用の50%
破損補償金うっかり壊してしまった購入、落札金額の90%
宅配郵送事故補償金届いたときに壊れていた購入、落札金額の90%
盗難補償金盗まれた!購入、落札金額の60%
返品補償金買った店舗に編品不可と言われた購入、落札金額の50%
携帯電話水濡れ・全損補償金携帯電話が水没して壊れたキャリアの保証サービスに支払った金額
交通トラブルお見舞い金本カードで買った交通手段で事故にあった入院1日につき3,000円
電子デバイス災害補償金PCやスマホなどが災害で壊れた購入、落札金額または修理費用
車上荒らし被害補償金車上荒らしによる盗難にあった購入、落札金額
自転車事故賠償責任補償金自転車事故で損害を与えてしまった損害状況に応じた補償金
お悔やみ帰省お見舞い金家族が不慮の事故で亡くなったので急遽帰省した帰省にかかった交通費
旅行・イベントキャンセル補償金急な病気・ケガで旅行にいけなくなったチケット購入金額またはキャンセル料
海外旅行けが・病気お見舞い金海外旅行中に風をひき病院にかかった治療費
海外旅行持ちもの損害補償金海外旅行中に荷物が盗まれた購入、落札金額の50%
海外旅行思わぬ出費補償金海外旅行中に乗継便の欠航で急遽宿泊先が必要になった予定外にかかった費用
なりすまし賠償責任補償金なりすましによって他人に被害を与えてしまった損害賠償額
ネット売買トラブルお見舞い金ネット上の売買トラブルで訴訟を起こすことになった弁護士費用
個人情報漏洩過失責任補償金情報端末から他人の個人情報が洩れてしまった損害賠償額

 
実に多種多様なトラブルに対して補償してくれるので、加入していると安心ですね。

ただし、大きな欠点が一つあります。

それは、補償額の上限が年間10万円までだということです。

しかも、一つの補償額に対してではなく、年間に支払われた各補償の合計に対しての上限額という仕組みです。以下公式サイトより抜粋

Q.補償金の限度額はありますか?

A.補償年度ごとに、年度内に支払われた各補償金を通算して10万円が限度額です。また、各補償金にも限度額または限度回数の設定があります。プラチナ補償利用規約(以下「補償規約」といいます)でご確認ください。

年間5,880円(税抜)を支払って最大10万円の補償を受けたいかどうか・・・。

個人的には必要ないと考えますが、少しでも補償を充実させたい!という方にとっては比較的安価に利用できる補償サービスではないでしょうか。

補償金の申請受付も24時間対応 & 5分で終了と、手軽に利用できる点もいいですね。

ヤフオク!で出品する際の本人確認が不要

ヤフオク!で出品する際の本人確認が不要
Yahoo! JAPANカードはヤフオク!を利用している方にとっても、非常にメリットのあるカードになっています。

得られるメリットは次の3つ。

  1. ヤフオク!で出品する際の本人確認が不要
  2. 商品代金をYahoo! JAPANカードで支払えば1.0%還元(Yahoo!かんたん決済利用時)
  3. Yahoo! JAPANカードで購入した商品は新品・中古を問わず補償(手続き不要)

 
中でも、オークションで購入した中古の商品にもショッピング保険が適用されるのは、利用者としてはありがたいですね。

Yahoo!ウォレットに登録すれば簡単支払い

Yahoo!ウォレット
Yahoo!ウォレットは、Yahoo! JAPANが便利な支払い手段として提供しているインターネットのお財布です。

Yahoo! JAPANカードをYahoo!ウォレットの支払い方法として登録すれば、

  • Yahoo!ショッピング
  • ヤフオク!
  • Yahoo!かんたん決済
  • LOHACO
  • Yahoo!公金支払い

といったYahoo! JAPANサービスはもちろんのこと、無印良品やドミノ・ピザ、レコチョクなど、それ以外の支払いにも面倒な入力や登録不要で買い物することができます。

Yahoo!ウォレットを利用すれば、クレジットカードの情報を店舗に知られることなく買い物できるので安心ですね。

もちろん、利用に応じてTポイントも自動で貯まります。

登録料や利用料などの費用は一切かかりませんので、Yahoo! JAPANカードを作った際にはぜひとも登録しておきましょう。

登録方法や詳細については「公式サイト」で確認してみてください。

Apple Payに対応!QUICPayで支払いラクラク

Apple Pay
Yahoo! JAPANカードはApple Payに対応しているので、iPhoneの「Wallet」アプリを起動してカードを追加しておくだけで、QUICPayとして全国のQUICPay加盟店で買い物することができます。

使い方は、「Wallet」アプリでYahoo! JAPANカードをタップし、レジで「QUICPayで支払う」と伝えるだけ。

あとは、Touch IDに指を載せたままリーダーにかざせば支払い完了です。

もちろん、利用のたびにTポイントも貯まるので、カード払いに比べて損をすることは一切ありません。

支払いがスピーディになり、ポイントも貯まってまさに一石二鳥な支払サービスですね。

Yahoo! JAPANカードのデメリット

Visaデビットのデメリット
年会費無料でありながらいつでも還元率1.0%と非常に使い勝手のいいYahoo! JAPANカードですが、いくつかデメリットもありますので紹介しておきます。

考えられるデメリットは次の4つ。

  1. ポイント付与は1回の支払いごとに計算される
  2. nanacoへのチャージポイントが還元率0.5%に改悪された
  3. 旅行傷害保険が付帯していない
  4. ETCカードが有料

1.ポイント付与は1回の支払いごとに計算される

先にも述べていますが、Yahoo! JAPANカードのポイント付与は1ヶ月の合計金額に対してではなくて、1回の支払い金額ごとに計算されます。

なので、同じ支払金額であっても会計を複数回に分けると得られるTポイントが1回の支払いに比べ減ってしまう場合があります。

例えば、1,000円分の支払いを1回で支払った場合と、450円、325円、225円の3回で支払った場合で比較してみると、

  • 1,000円を1回で支払った場合:10ポイント獲得
  • 1,000円を3回で支払った場合:9ポイント獲得

となります。

それによる影響はそれほど大きなものではありませんが、還元率1.2%のリクルートが1ヶ月の合計金額に対して付与されることを考えると、やはりデメリットと言わざるを得ないですね。

2.nanacoへのチャージポイントが還元率0.5%に改悪された

Yahoo! JAPANカードは還元率1.0%でnanacoチャージポイントが貯まる貴重な1枚でしたが、2018年2月28日からは200円につき1ポイントと還元率が0.5%に改悪されてしまいました。以下、公式サイトより抜粋

Yahoo! JAPANカードのJCBブランドをご利用のお客様につきまして、2018年2月28日より、「nanacoクレジットチャージ」ご利用分のクレジットポイントの内容を変更させていただきます。

■変更内容について
進呈するTポイントにつきまして以下のとおり変更いたします。

【現】
100円につき通常ポイント1ポイント進呈
【新】
200円につき通常ポイント1ポイント進呈

楽天カードが2017年11月1日よりnanacoへのチャージポイント付与を対象外にしたことで、その代替え用カードとしてYahoo! JAPANカードを利用していた方も多かったと思いますが、還元率1.0%から0.5%への格下げは非常に痛い変更となってしまいましたね。

現状、還元率1.0%以上でnanacoチャージポイントが貯まるカードは、リクルートの1.2%のみとなってしまいました。

nanacoとクレジットカードを併用して節税されていた方は、迷わずリクルートカードを選択しておいたほうが無難と言えるかもしれませんね。

3.旅行傷害保険が付帯していない

Yahoo!ショッピングやLOHACOでの買い物をはじめ、普段使いでも非常にお得度の高いカードですが、残念ながら国内旅行傷害保険や海外旅行傷害保険といった補償は一切付帯されていません。

あまり旅行に行かない方にとってはそれほど問題にはなりませんが、補償がないのはちょっと不安だという方は、旅行保険が付帯している別のカードを用意しておきましょう。

個人的におすすなのは、持っているだけで海外旅行傷害保険が適用される自動付帯の「エポスカード」です。

年会費も無料なので旅行用カードとして寝かせておくだけもOKなカードとなっています。

カードの詳細については下記で解説していますので、気になる方は一度チェックしてみてください。

エポスカードVisaを徹底解析!マルイをお得に利用するならこのカード!エポスカードVisaを徹底解析!マルイをお得に利用するならこのカード!
エポスカードVisaとは?エポスカードVisaとは、株式会社エポスカードが発行している最もスタンダードなクレジットカードです。入会金や年会費といった費用が無料となっており、シルバーと赤の2種類からカードデザインを...

4.ETCカードが有料

Yahoo! JAPANカードのETCカードは、年会費として毎年500円(税抜)が必要になってきます。

ETCカードの年会費が無料なカードは探せばいくらでも出てくるので、あえて年会費のかかるYahoo! JAPANカードで発行する必要はないでしょう。

まとめ

今回はYahoo!ショッピングやLOHACOでの買い物だけでなく、普段使いでも非常にお得度の高いYahoo! JAPANカードについて紹介してきました。

その特徴をまとめると

  • いつでもどこでも1.0%還元
  • Tカード一体型だから2枚持ち不要
  • Tポイント提携先での利用はポイント2重取り
  • 年1回のカード利用でTポイントの有効期限は実質無期限
  • 「Yahoo!ショッピング」と「LOHACO」での買い物は毎日ポイント3倍
  • 5のつく日は「Yahoo!ショッピング」と「LOHACO」での買い物がポイント7倍
  • nanacoチャージでも0.5%還元(JCB限定)
  • 国内対応のショッピング保険が付帯
  • ヤフオク!で出品する際の本人確認が不要
  • Apple Payに対応

 
となります。

非常に充実したサービス内容ですね。しかも、これだけのサービスが利用できるにもかかわらず年会費はなんと永久無料です。

ETCカードの有料や旅行傷害保険が付帯されていないといったデメリットはありますが、それは他のカードで代用可能なことなのであまり気にする必要はないでしょう。

初めてクレジットカードを作るという方はもちろん、Tポイント提携店やYahoo! JAPAN関連サービスだけの専用カードとしても非常に優秀なカードだと個人的には思います。

ぜひ、カード選びの候補の1枚として考えてみてくださいね。

以上、「Yahoo! JAPANカードの利用で毎日ポイント3倍!Yahoo!ショッピングとLOHACOで買い物するなら必須カード間違いなし!」についての紹介でした。

公式サイト(キャンペーン中)

Yahoo! JAPANカード入会キャンペーン
現在Yahoo! JAPANカードでは「新規入会+カード利用」で最大13,000円相当のTポイントがもらえるキャンペーンが開催されています。

概要としては、

  • Yahoo! JAPANカード新規入会:5,000ポイント獲得
  • Yahoo! JAPANカード初回利用:3,000ポイント獲得
    申込月を含む2カ月目の末日までの利用が条件
  • Yahoo!プレミアム会員同時入会:5,000ポイント獲得

 
となっています。Yahoo!プレミアム会員特典以外は、非常に簡単な条件ですね。

13,000ポイントは、カード利用額で言えば130万円相当分になるわけですから非常にお得なキャンペーンですね。還元率1.0%計算

入会する予定なら、必ずキャンペーン時期を狙って申し込んでおきましょう。

ただし、本キャンペーンでもらえるTポイントはすべて期間固定Tポイントになりますので、有効期限にはくれぐれも注意してくださいね。

ちなみに、それぞれの特典でもらえる期間固定Tポイントの有効期限は、

  • 入会特典:申込月を含む5ヶ月目の15日
  • 利用特典:申込月を含む5ヶ月目の15日
  • 会員特典:ポイント付与月の翌々月15日まで

となっています。

特に有効期限の短い「Yahoo!プレミアム会員同時入会特典」には注意してくださいね。

公式サイト

 

Yahoo! JAPANカードの基本情報

カード名称Yahoo! JAPANカード
国際ブランドVISA / MasterCard / JCB
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード初年度無料
2年目以降
ETCカード年会費500円(税抜)
発行手数料無料
申込資格18歳以上で安定した継続収入のある方。(高校生を除く)
利用可能枠10万円~100万円
支払い支払方法1回払い、2回払い、分割払い、ボーナス一括払い、リボ払い
締め日毎月月末
支払日翌月27日
ポイントプログラム名Tポイント
換算率100円 =1ポイント
利用可能電子マネーSMART ICOCA / モバイルSuica / au WALLET(MasterCardのみ) / nanaco(JCBのみ)
手数料分割払い12.19%~14.60%(実質年率)
リボ払い18.00%(実質年率)
キャッシング18.00%(実質年率)
発行元会社名ワイジェイカード株式会社
所在地福岡市博多区博多駅前三丁目4-2

 

海外旅行保険

補償項目補償内容
適用条件
傷害死亡後遺障害
傷害治療費用
疾病治療費用
賠償責任
携行品損害
救護者費用
家族特約
補償対象期間

 

国内旅行保険

補償項目補償内容
適用条件
傷害死亡後遺障害
入院日額
通院日額
手術(1回)
家族特約

 

ショッピング保険

補償項目補償内容
適用条件商品価格が10,000円(税込)以上のもの
国内外問わず対象
補償額海外100万円 限度
自己負担額1回の事故につき3,000円
国内
補償対象期間補償期間内に会員がYahoo! JAPANカードを利用して購入した物品で、購入日から90日以内に偶然な事故によって損害を被った場合

 
公式サイト

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

PAGE TOP ↑